野村工務店 FLECO(フレコ)

野村工務店 FLECO(フレコ)

FREEDOMフリーダム

どんな家族にも、ライフスタイルにも、自由に寄り添う家だから

ファミリー編
子供の成長に合わせてフレキシブルに対応する家。
ファミリーの暮らしは、もっと快適に、楽しくなる。
ファミリーイメージ画像

子供の成長がもっとうれしくなる暮らし。

子供が増えたら部屋も増やせる

1つの部屋を、子供の成長に合わせて変化させる。例えば、幼いときは2段ベッドを置いて1ルームとして使い、大きくなったら可動式クローゼットでしきり、2ルームに分ける。どんな部屋にするか、きょうだいで話し合って決めれば、考える力も身につく。

家族が増える喜びが倍増する

子供がいる家はにぎやか。そして、めまぐるしく変化する。その変化に対応するには、間取りをこまめに変えていけるレイアウトの自由さが必要だ。明るさと開放感だって大切。抜けのある空間なら、走り回る子供たちを笑って見守る心の余裕ができる。

  • ファミリー 間取り1F
  • ファミリー 間取り2F
シングル男性編
一人暮らしで一軒家という選択は、実は賢い。
家族が増えるまでの時間、家を住みやすい場所へと変えていけるのだから。
ファミリーイメージ画像

あえて仕切らない。「気まま」を楽しみたいから。

23.5畳のリビングを広大な「遊び場」に見立てる

シングルのときにしかできない「自分だけが楽しいこと」を思い切りやりたいなら、あえて仕切りなんか設けないのもアリ。休日のたびに模様替えする、ガランとした空間を楽しむなど、すべて自由。これはもう、大人の広大な遊び場だ。

仕切りがない。つまり、使い方にルールはないということ

1階は寝室。2階はリビングというスタンダードな使い方さえ破っていいのが、一人暮らしの醍醐味。寝室を小さな音楽室にしてもいいし、リビングを巨大なバーカウンターに見立ててもいい。ゴロ寝するには、リビング上のロフト空間がぴったり。

  • ファミリー 間取り1F
  • ファミリー 間取り2F
シングル女性編
親と一緒に住むことほど心強くて心地良いことはない。
一緒に過ごす空間も、自分だけの空間も、私らしく作っていきたい。
ファミリーイメージ画像

母と暮らす。ほどよい距離感をレイアウトする。

一軒の家の中で「公」と「私」を分ける

母親って、最も安心できる存在。いっしょに生活してきた人だから、暮らし方も住まいのへのこだわりも何となく分かる。だからって、いつも意見が同じわけではない。お互いが納得できる「公私の使い分け」が、家の中にも必要だ。

仕切りで住まいを自在にアレンジする

食事をしたりお茶を飲んだりする「公」の空間はできるだけオープンに。一人で読書や音楽を楽しむ「私」の空間は、仕切りではほどよくクローズに。こんなふうに住まいをレイアウトできるのが面白さ。どんな空間バリエーション、考えましょうか。

  • ファミリー 間取り1F
  • ファミリー 間取り2F
DINKS編
夫婦が寄り添って暮らしながら、互いのプライベートを尊重する。
一軒の家で公私を分けられれば、DINKSにとってきっと心地いい家になる。
ファミリーイメージ画像

夫婦の暮らしと個の空間を両立する。

一緒の時間とプライベート、どちらも大切

平日は夫婦で仕事をがんばり、週末は一緒に過ごす。それぞれの生活スタイルを尊重しながら、夫婦でいることを楽しめるのがDINKSの良さ。広々としたリビングがあれば、夫婦で共有するのはもちろん、仕切りを用いて別々に過ごすスタイルにも対応できる。

DINKSの住まいは、可変性に富むほどいい

例えば1階の使い方。仕事を持ち帰った日、個室空間があれば、パートナーが眠りについたあとでも仕事に没頭できる。2階のリビングは、のんびりブランチやホームパーティーなど、どんなふうにでも使える。友達が来たらロフトに泊まってもらうのもいい。

  • ファミリー 間取り1F
  • ファミリー 間取り2F
SOHO編
これからの時代、もっと増えていくSOHOスタイル。
家族がすぐそばにいるからこそ、安心して仕事ができる。
ファミリーイメージ画像

自宅を仕事場にする。「集中」と「息抜き」を共存させる。

1階、2階、ロフト。多層な構造を上手に使う

仕事と過程を両立させるには、オフィシャルとプライベートをしっかり分けられる空間が必要だ。1階の一部屋を「オフィス」と割り切り、デスクワークも来客対応もここで行う。2階のマイホーム空間とは切り離されているから、しっかり仕事に集中できる。

わが家までたった30秒。究極の時短がゆとりを生む。

ちょっと息抜きしたいとき、仕事が終わって、一家だんらんを楽しみたいとき、階段をのぼれば、わずか30秒で「わが家」にたどり着ける。仕事の合間に家事をしたり、子どもたちの宿題を見たりと、わずかな時間を家族のために当てられるのもメリットだ。

  • ファミリー 間取り1F
  • ファミリー 間取り2F
フレキシブルなデザイン
ページダウン資料請求はこちら

COPYRIGHT©Copyright © 野村工務店 All Rights Reserved.