• 現地来場予約
  • 資料請求
  • Menu

家が完成するまでの流れ

オシャレな部屋作りとインテリアにこだわりたい

デザイナーズハウスのように洗練された空間を実現

家はくつろぎの空間。仕事から帰ってきて気持ちをゆったりとほぐしてくれるのが家の役割。ご家族それぞれのプライベート空間と共有空間を充実させたい。暮らしの中にハイセンスなデザインをとりいれたいという方にぴったりの家をご紹介。

見かけだけではない、見えない部分へのこだわりこそが、長く愛されるホンモノの住まいです。

だから、ご要望に応じてどんなこだわりも、実現できるようにお手伝いをさせて頂いています。こちらの家は、高知県産の国産スギのを使用し、従来より骨太な棟木や太い木を贅沢に使用。さらに集成材ではなく無垢材を使用。構造的にも丈夫で長持ちし、年月を経ても美しさを保ちます。

また無垢材はフローリングにも使用していただけます。一見、違いなんてわからないのでは?と思われる無垢材の床ですが、年月とともにつや感のある色に変化するのは無垢材ならでは。肌触りのやさしさ、あたたかい風合いは使ってみると違いを実感できます。

「玄関ホールと吹き抜けは、まるでギャラリーのエントランス」ドアを開けると、家の中なのに開放的な空間。高い吹き抜けとそこに設置された窓が、贅沢な空間演出と明るい光を玄関にもたらしています。

「”台所”ではなく、カフェの様なダイニングスペース」カフェダイニングというイメージがぴったりのキッチン。週末は、ご夫婦一緒にクッキングやお友達とお喋りしながらランチパーティーなど、家にいながらお洒落なカフェにでかけたような気分になれます。シンク、コンロ、冷蔵庫がバランスよく配置され、作業効率にすぐれたトライアングルプランを採用。機能とデザインの両方を兼ね備えたキッチンです。。

「暖炉のある家に住んでみたい」こんな風に思ったことがある方も多いのでは?据え置き型のストーブを後から購入して設置することも可能ですが、自由設計では暖炉をはじめから設計に組み込むこともできるんです。

だから夏でも邪魔にならず、インテリアとしてもお洒落な本格薪ストーブが手に入れることができるんです。寒い冬の日に、薪の燃える暖かい部屋の中で、お風呂上りの一杯なんて本当に最高です。

「フラットな導線の先にウッドデッキ。その先の景色もまた格別。」リビングに面した窓の先には同じ高さにつくられたちょうどいい広さのウッドデッキ。天気の良い日には家族でごろ寝をしながら庭をながめたりブランチしたり…プライベートを満喫できます。

本当にこだわり抜いて建てた家は、生涯の暮らしの質をアップさせ、財産としても価値の高いものになるのです。