• 現地来場予約
  • 資料請求
  • Menu

省エネ対策でお得に暮らす

「改正省エネ基準」に適合した省エネ住宅でお得に暮らす

交野市・枚方市・寝屋川市を中心に大阪・京都・兵庫など、関西圏で新築・注文建築を取り扱っている野村工務店では、様々な側面から住宅の省エネ対策を行っています。快適でお得にお住まいを選びませんか?

ゼロエネルギーハウス

2014年4月に政府が閣議決定したエネルギー基本計画において、2020年には標準的な新築住宅をネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH=Net Zero Energy House)とすることを目標に掲げられました。これを受けて野村工務店は、2020年度までに新築部門においてZEH普及50%を目指します。

ZEH普及目標

野村工務店のZEH普及目標

ZEHとは、住宅の断熱性能や設備の省エネ性能の向上、再生可能エネルギーの活用等などによって、エネルギーを消費するよりも、住宅で創り出すエネルギーの方が正味(ネット)で上回る、もしくはその差がゼロになる住まいのことです。

改正省エネ住宅(一次エネルギー消費量 最高等級4)

野村工務店の省エネ住宅は、従来の次世代省エネ基準から改正され、新しい省エネ基準に対応している地球にも家計にも優しいお得な住宅です。

新しい省エネ基準を知ろう! 一次エネルギー消費量について

改正前の次世代省エネ基準は建物の規模や形状によって、基準を満たす断熱性能のばらつきや導入される設備機器などによる仕組みが評価されませんでした。新たな指標では「一次エネルギー消費量」が導入されました。「一次エネルギー消費量」とは、設備機器による、電気やガスなどのエネルギー消費量のこと。この指標により、省エネ型の設備機器を住宅に導入することで、建物全体の省エネルギー評価が上がることになりました。

住宅と環境の未来を見据えた日本の省エネ施策

また、これまでは床面積あたりの数値を基準に断熱性能を計算していました。ですがそれでは、床面積は狭いのに外皮面積が増える狭小住宅などでは省エネ評価が上がらず、不公平感がありました。新基準では、外皮面積あたりの数値を基準値として採用。これにより、建物の規模の大小や形状に関わらず、同一の基準値を適用できるようになりました。こうした改正により、全ての住宅において公平な評価が期待でき、省エネ住宅を増やすことにつながっています。

野村工務店は、一次消費エネルギー量-10%以上となる認定低炭素住宅への対応や、オール電化住宅への対応も可能です。皆さまに、快適な住まいのご提供をいたします。

家庭のエネルギー源別消費

日本のエネルギー消費は、工場などの産業用は減少しているものの、事務所・商店や家庭などの民生部門と自動車などの運輸部門での増加が大きいため、全体として増加しています。家庭部門を含む民生部門は、石油ショック前の1973年から2011年までの間に、2.4倍に増加しています。エネルギー源CO2の排出を削減するためには家庭での省エネも重要な役割を果たすことになります。

家庭のエネルギー源別消費の推移

家庭のエネルギー消費を、下図のエネルギー源別に見てみましょう。シェアの大きいのは電気で50%以上を占めています。それに都市ガス、灯油、LPガスと続いています。1965年度と比較して、電気のシェアが大幅に増加していますが、これは、家電機器の普及や大型化、多様化によるものに加え、近年のオール電化住宅の普及も要因のひとつとして考えられています。一方、1965年度に1/3以上を占めていた石炭は、灯油やガスで代替され、現在のシェアはほぼ0%となっています。

家庭の用途別エネルギー消費

家庭の用途別エネルギー消費の推移

次は、家庭のエネルギー消費を、下図の用途別に見てみましょう。シェアの大きいのは、動力・照明他、給湯、暖房、厨房、冷房の順ですが、1965年度と比較して、2011年度では、動力・照明用のシェアが増加しました。これは、家電機器の普及や大型化、多様化によるものと見られています。また、エアコンの普及により、冷房のシェアも増加しています。

主な待機消費電力

結果、家庭でのエネルギー源は石炭から電気に移行し、そのうち、シェアの大きな照明、暖房、などエネルギー消費量の多い機器において、適切に対策を行うことが、省エネルギー効果を高めるポイントとなります。たとえば、機器を使用していない時の待機時消費電力を削減する事も有効です。家庭で1年間に消費する電力量のうち、約5.1%が待機時消費電力です。これは一家庭における電気便座の消費電力量よりも大きく、省エネルギーの中でも見逃せないものとなっています。近年では、待機時消費電力が小さい製品が増加しておりますので、機器を購入する際には、待機時消費電力が小さいものを選ぶことが大切です。

効率的な冷暖房で、コストも削減

冬

暖房コストは、熱損失量で表します。住宅における熱の出入りが少なくなればなる程、効率的な暖房が可能となり、期間暖房負担が減少し、暖房コストが少なくてすみます。

一棟当たりの期間暖房負荷

省エネルギー基準ごと(新省エネルギー基準、次世代省エネルギー基準、改正省エネ基準)に、暖房コストがどのくらい減少するのかを灯油使用量に換算して比較してみましょう。

夏

冷房コストは、夏期日射取得係数という指標で表します。これは夏場における住宅内への日射熱の入りやすさを表し、この性能の良し悪しが冷房コストに密接に関連しています。

一棟当たりの期間冷房負荷

省エネルギー基準ごと(新省エネルギー基準、次世代省エネルギー基準)に、冷房コストがどのくらい節約出来するのかを、 電力使用量に換算して比較してみましょう。

快適な改正省エネ住宅

今までの住まいのような断熱性能が低く、熱損失が大きい住宅では、全室冷暖房をすると大きなエネルギーが必要となります。そのため、どうしても各部屋で個別に冷暖房(局所冷暖房)を行うことになります。しかし改正省エネ住宅なら全室冷暖房を少ないエネルギーで実現でき快適な生活を送れるようになります。

オール電化住宅とは=家の中のエネルギーを全て電気でまかなう住宅

給湯は、エコキュート

お風呂写真

家庭におけるエネルギー消費の4分の1以上を占める給湯。給湯の省エネに貢献してくれるのがヒートポンプを使ったエコキュートです。

エコキュートの仕組み

エコキュート

エコキュートは大気中の熱を吸収してお湯をつくります。そのため1の電気エネルギーで、3倍以上の熱エネルギーを取り込むことができるため、省エネ性の高い給湯機となっています。

省エネ性の高い給湯機

給湯エネルギー

購入者の96%が「満足」と回答

エコキュートの累計出荷台数は486万台にのぼります。また、「家庭用ヒートポンプ給湯機購入動機・使用満足度調査」によると、購入者の約96%が満足と答えています。

エコキュート出荷台数

災害時に役立つエコキュート

東日本大震災のライフラインの中で最も復旧が早かったのは電気です。

給湯タンク

東日本大震災のライフライン復旧推移

コンロは、IHクッキングヒーター

高い熱効率が特長のIHクッキングヒーター。燃焼を伴わないため、安心・安全で室内の空気を汚しません。キッチン空間を自由に創造することができます。

夏でも快適なキッチン環境

IHクッキングヒーターは、キッチン周りの温度上昇が抑えられ、夏でも快適に調理が楽しめます。立ち消えの心配もないので、窓を開けての調理や扇風機を使うこともできます。

調理中の温度変化

お手入れカンタン

お手入れカンタン

IHクッキングヒーターは、トッププレートがフラットなので表面をさっとふくだけでOK。 お手入れが簡単なので、キッチンを清潔に保てます。

燃焼がない、新しいキッチン

キッチン

IHクッキングヒーターは燃焼による二酸化炭素(CO2)の発生がないため、室内の空気質の低下を軽減できるので高断熱、高気密住宅との相性が良く、安心・安全です。

野村工務店の取り組み

野村工務店はお客様の声を、家づくりの隅々にまで活かしています。
住みごこちアンケート

実際に野村工務店の家にお住まいの方から、よかった点・気付いた点などをお聞きしています。

モニター会ヒアリング

分譲地周辺にお住まいの方から、住まいの満足点や不満足点をお聞きし、皆様に望まれる住まいを考えます。

企画から設計・施工までを完全自社管理

街づくりから家づくりまでお客様の声を活かし『楽しい家・住みやすい家・資産価値の高い家』をご提供します。