• 現地来場予約
  • 資料請求
  • Menu

設計士・インテリアコーディネータの想い

松尾 光記

松尾 光記

野村工務店だからこそできる家づくりとは?
自分達が創りたい家を、様々な目で検証し実現していく。
家造りへの想いは何ですか?
住む方が気に入って長く住んで頂き、自ら手を加えて頂ければ幸いです。
家造りでのこだわりや得意分野は何ですか?
ディティールにこだわった家造りです。
設計する上で心がけていることは?
コスト、要望、デザインのバランスです。
今までの(自由設計の)お客さんでかなり苦労したこととその時の対処と結果どうなったか?
当然ですがお客様は建築に対して素人なので、要望の範囲も幅が広く無理難題を言われることがあり、本当にこれは無理だろうと思いながらも。そういうときは本当に苦労します。 でも何とか要望をかなえて、打ち合わせを重ねて気に入って頂けたとき、本当にこの仕事をしていて良かったなと思いました。

家づくりへの想い

「機能性とデザイン性の両立をリーズナブルに実現する」 野村工務店の家造りの魅力はなんと言っても、その自由度の高さです。 お客様が望むもの、自分が作りたいと思うものを表現することができます。 その反面、自由度が高いということは、それだけ作るものに対して責任もあります。 単にかっこいいおもしろいというのではダメです。だからこそ人が住み、生活する空間であるということが大前提なのです。 だからこそディテールをおろそかにせず、ディテールにこだわり、完成度の高いプランを作る事が大切なんだと思います。自由という言葉をどう解釈するかですが、そこは設計士のスキルが求められる部分でもあります。 その責任が野村工務店での家造りに携わるというやりがいを一番感じる部分です。家の設計が本当に好きだからこそ、その責任を最大限に楽しめています。

松尾 光記

立ち上げの頃に携わったこちらの分譲地は、区割りを決めず家を先に設計し、土地の上にプランをパズルのようにはめていくという本来とは真逆の方法でプランニングしました。

松尾 光記

区画の形やサイズにとらわれることなく、自由に設計することで森林の中の別荘のような街を実現する事ができました。

松尾 光記

この分譲地の魅力のひとつは素材へのこだわりです。 外構は、自ら南河内郡河南町まで木を1本1本選びに行きました。そのこだわりを是非見ていただきたいです。

松尾 光記

リビングから続くフラットバルコニーを設けることでリビングがもう1つ増えたイメージを持つことができ、空間を広々と楽しむ効果があります。