• 現地来場予約
  • 資料請求
  • Menu

設計士・インテリアコーディネータの想い

八木 崇

八木 崇

野村工務店だからこそできる家づくりとは?
街が完成したとき街並みとして価値を持つ、住んでみたくなる街づくり。
家造りへの想いは何ですか?
機能とデザインがどちらも良く、かつリーズナブルな住まいを創っていきたいです。
家造りでのこだわりや得意分野は何ですか?
採光・通風計画にこだわっています。どんな敷地でも明るく通気性の良い家にこだわっています。
設計する上で心がけていることは?
敷地に見合ったコンセプトか、コンセプトに非合理的な設計ができているかを常に考えています。
今までの(自由設計の)お客さんでかなり苦労したこととその時の対処と結果どうなったか?
法規則と施工費のルールを守りつつ二階建てで多層空間となる4層ステップフロアの家を考え設計しました。 他にない面白いと自負するものができましたが、 諸事情により解約となり実現しませんでした。

家づくりへの想い

「機能性とデザイン性の両立をリーズナブルに実現する」 住宅において採光・通風は最大のテーマであると思います。 それは家事、精神的な部分、そして家計や住宅の寿命にまで関わってくる問題だからです。 現場は生き物と同じで、ひとつとして同じ立地、形状というものはありません。陽当りがもともといいところもあれば、そうでないところもあります。 それがコストの差に現れたりすることは、確かにありますが、住んでしまえばコストだけで片付けられるものではありません。 そういうギャップを埋め、全ての人に心地よい生活を送ってもらうことが私たち設計士の仕事なのです。そのベースがあり、かつ私の考える個性がデザイン性と なって表現できるように日々プランニングしています。機能性とデザイン性という一見相反するような言葉ですが、その両立こそ私の理想とする住まいのかたち です。

ファミリー玄関を設け家族の導線と来客の導線を分け、よりプライベート性を重視しています。また、玄関をぐるっと回れることで回遊性があり、飽きないオリジナリティーのある空間創りを意識しました。

八木 崇

西向きのモデルハウスに、南からの明かりを取り込むというテーマで設計しました。建物を北側に配置し、リビングを出来るだけ北側にもっていき、南側に大きなバルコニーから吹き抜けを通して光を取り込むという工夫をしています。さらに北側の内壁は、光の反射を考慮した白色を採用するなど細部に至るまで計算し設計しております。 通風に関しても工夫を凝らしておりますので、一度ご覧になってください。

八木 崇

大きな日本家屋に見られるような大黒柱を中心に田の字の各部屋をひとつの大空間にする田舎間(いなかま)を参考にしています。玄関、和室、LDKをひとつの大空間のように設計し、どこか懐かしく開放的な家を実現しました。

八木 崇

2階のバスコートやファミリーバルコニーは、外部とつながりを考慮し、プライベート性のある外部として設計しました。極端に言えば、裸でバルコニーに出ることも可能です。