• 現地来場予約
  • 資料請求
  • Menu

設計士・インテリアコーディネータの想い

中川 陽平

中川 陽平

野村工務店だからこそできる家づくりとは?
デザインと機能性を両立させた家づくりです。
家造りへの想いは何ですか?
野村工務店のブランドが後世に名を残すような家造りをしたいです。
家造りでのこだわりや得意分野は何ですか?
飽きのこないモダンデザインを得意とし、家の周りの外部環境をいかに室内に上手く取り入れることができるかにこだわっています。
設計する上で心がけていることは?
弊社ならではのデザインや設計上での工夫を取り入れて、良い意味でお客様のご要望を超える提案をすることを心がけています。
今までの(自由設計の)お客さんでかなり苦労したこととその時の対処と結果どうなったか?
質問とは少しずれますが、ご両親が過去に弊社で家を建てられ、その家で育ったご家族の方も弊社で家を建てられたお客様がいらっしゃいました。打合せをしていく中で、ご実家についてのエピソードや、ご自身が過ごしてきたお部屋の状況などをお聞きしてプランニングをしていったのですが、普段は直接聞く機会の少ない、長い時間過ごしてきたからこそ分かる野村工務店の家について、貴重なお話を聞くことができました。実際に完成して何回かお邪魔させていただいたのですが、お客様も満足していただき、素敵な家が完成しました。弊社の経営理念である、「その家その街を子供たちに自信を持って残せるか」がいかに大切か、身を持って体感した家づくりでした。

家づくりへの想い

「後世に残す妥協なき家づくりと街づくりという使命。」 家はお客様にとって人生で最大の買い物であり、それによって人生が変わることもあると思います。だからこそトータルコーディネートされたインテリアや外観のデザイン性、細部まで考慮された家事導線、光や風通しなどの機能性などのさまざまな要素を妥協なく考え、魅力ある空間を提案することが私たちの使命だと考えます。さらに、家が建つことによって形成されていく街並みがあります。設計士に託された役割は責任重大で、後世にまで自信を持って残せる家や街を造っていかなければならないと思います。 また、弊社では機能性だけでなく、デザイン性も重視しています。街並みを意識した、自由設計ならではの個性あるデザインをご提供いたします。

中川 陽平

リビングからさらに8段上り、半独立した場所にシアタールームを配置しました。 半独立していることで、ライフスタイルの変化にもフレキシブルに対応することができる空間となっています。

中川 陽平

タタミコーナーにはキッチン天板を延長したことによって、ダイニングテーブルとして使用することはもちろんお子様のスタディスペースや奥様のユーティリティスペースなど様々な用途に合わせて対応することが可能なつくりとなっています。

中川 陽平

玄関に一歩入ると目の前には大型のFix窓があり、外には紅葉を植えています。 家の中にいながらでも四季を感じることができます。

中川 陽平

2階リビングの場合、屋根形状に合わせて勾配天井とし実際の帖数以上の 広がりを感じることができます。