野村工務店オフィシャルブログ

「official」は野村工務店が運営する家づくり情報サイトです。
絵の具のパレットのように、あなたの色=理想の住まいをつくるお手伝いができるよう、役立つ情報をお届けします。

【スタッフ紹介 工務部・現場監督の村田です!】|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

みなさん、こんにちは。

今回は野村工務店のスタッフ、工務部の村田をご紹介させていただきます。

 

  • 自己紹介をお願いします

はじめまして、工務部の村田仁史です。野村工務店に入社して4年目、工務部で現場監督の仕事を担当しています。学生時代から建築を学び、建築に携わる仕事に就きたいと思い、野村工務店に入社しました。

 

  • 具体的な仕事の内容は?

「現場監督」という名前の通り、建築の現場で工程の段取りを組み、職人さん達に指示を出し、進捗や仕上がりをチェックする仕事をしています。建築の知識だけではできない仕事で、職人さんや取引業者さん、設計者、コーディネーター、そしてお施主様とのコミュニケーションが大切になります。お施主様とは建築中だけではなく、 入居後1年目の点検まで工事担当責任者として関わっていきます。

 

  • これまで印象に残る仕事は?

モデルハウスの施工を担当していた時のこと。オープン前日になっても未完成で、職人さんや業者さんにも協力をいただきながら、必死で完成にこぎつけたことがありました。建築は絶対に一人ではできない仕事だということ、チーム全員が力を結集したときのパワーのすごさを実感しましたね!

 

  • これから取り組みたいことは?

周囲にはベテランの職人さんも多いので、段取りの組み方や工事の進め方を教えてもらうこともたくさんあります。毎日が勉強の連続ですね!将来は自分の住まいを建てたいと思っているので、勉強を重ねながら理想のプランを練っていこうかなと思っています。

 

  • いま、楽しみにしていることは?

僕は東大阪市の出身で、地元のだんじり祭りが自分にとっても一年で最大のイベントです。もうすぐ本番を迎えますので、ワクワク、ドキドキしています! 仕事もお祭りも、全力投球で頑張りますので、建築現場で見かけたら気軽にお声がけくださいね!

 

「自分の中の引き出しを増やして、多くのご提案を」インテリアコーディネータースタッフ紹介!|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【スタッフ紹介 新人インテリアコーディネーターの大木です!】

みなさん、こんにちは。

今回は野村工務店のスタッフ、インテリアコーディネーター課の大木をご紹介させていただきます。

  • 自己紹介をお願いします!

はじめまして、今年入社ばかりの大木美里です。大学で住環境について学んだ知識を活かせることと、お客様や社内外のさまざまな方と関わりながら家や街を作り上げていく仕事に惹かれて、野村工務店に入社しました。

  • どんな仕事を担当している?

お客様と打ち合わせを行い、サンプルや図面をもとに内装の色・素材、カーテンや照明などをご提案し、お客様のイメージを形にしていくお仕事を担当しています。人から相談を受けたりするのが好きだったので、とてもやり甲斐のある仕事だと思っています。まだまだ経験も浅いのですが、先輩にも助けていただきながら、お客様にご満足いただけるようにと頑張っています!

  • 仕事に対するこだわりは?

お客様との打ち合わせや、社内外のミーティングでは、いつも一歩先を見据えた提案や配慮ができるようにと心掛けています。そのためにも自分の中の引き出しを多くしたいので、メーカーさんの展示会や新商品発表会に参加したり、インテリアショップを巡ったりしています。コーディネーター資格も早く取得したいので勉強も続けています。

  • 心に残る仕事の体験はありました?

初めて担当させて頂いたお客様に、「とても素敵なお家にしてくださってありがとう」と言っていただいたときは、とっても嬉しかったです! 未熟者ですが、お客様のご希望を形に出来るよう一生懸命お手伝いさせていただきますので、よろしくお願いいたします!

「趣味のスノーボードを楽しめる季節が待ち遠しい!」という大木です、モデルハウスなどで見かけたら、気軽に声をかけてあげてくださいね♬

 

建築家と野村工務店の個性がコラボ、注目プロジェクトが続々登場!|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【星田9丁目で建築家とのコラボプロジェクトが進行中!】

みなさま、こんにちは。

 

現在、野村工務店では私たちの持つ施工力と、建築家の持つ個性がコラボレーションする住まいづくりを目指して、複数のプロジェクトを進行中です。どんな住まいが出来上がるのか、私たちもとても期待を抱きながら、打ち合わせを進めているところです。

第1弾となる「オーベルジュコート星田9丁目9期」では全10区画、すべて敷地面積50坪超のゆとりの住宅地に、建築家の個性を十二分に活かすプロジェクトがスタート。まずは建築家の設計によるモデルハウス建設が始まりました。

「秋岡設計工房」の秋岡勉氏による6号地。コンセプトは「耐久性を考えた、ぬくもりある木を感じる住まい」。煙突のある山のロッジ風の完成予想図を見るだけでもワクワクしてきます!

さらに、第2弾のプロジェクトも着々と進行中です。こちらも、近日中に詳細をお知らせできる予定ですので、もう少しだけお待ちくださいね。みなさんも、お楽しみに!

 

「オーベルジュコート星田9丁目9期」についてはこちらもご覧ください。

http://www.nomura-k.co.jp/shintiku/hoshida9-9/

洗濯機が洗面所を向いていない。その理由は?|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【洗濯機が洗面所に向いていないのはなぜ? その秘密は…】

初めまして、営業部の都出(といで)卓也です。今回は若手営業担当の代表として、あるエピソードをご紹介させていただきます。

インナーバルコニーhttp://nomura-k.co.jp/sumaipalette/?p=897

のある間取りプランをお客様にご説明していたときのこと。洗濯機が洗面所を向かずに、階段ホールやインナーバルコニーのある方向に設置されていることにお客様が気付かれました。「洗濯機が洗面所を向いていないのはなぜ?」と質問されたのですが、即答できずに「調べて、お伝えします」ということになりました(汗)。

社内の設計士に尋ねたところ、「洗面所からも洗濯物を入れられるような開口部を設けた2way設計です。お客様の“あったらいいな”という声にお答えしてつくったプランですよ」と教えてもらったのです。

なるほど、脱いだ服はそのまま洗濯機に入れられて、洗ったあと干す際にもすぐに取り出せるようになった「超効率的」な設計なのだということが分かりました。「洗濯機からもの干し場までたったの3歩。すごいな!」 と感心したのです。

お客様にそうお伝えすると「ふーん、そうですか。3歩も5歩もあんまり変わらない気もするけど、違うのかなぁ…、住んでみないと分からないですね」との反応。ちょっと拍子抜けでした…。

実家暮らし(? 推測です)の20代男性としては、家事のことはあまり実感値がありません。実際に使ったわけでもないので、説得力が弱かったのかもしれませんね。早く結婚して家事もちゃんと体験すれば、自分の言葉で話せるようになれそうだな、と反省した体験でした。

これにめげずに、お客様の声をしっかりお聞きして、一生懸命勉強していきたいと思いますので、今後もどうぞよろしくお願いいたします!

野村工務店のスタッフ紹介「私たちが情報を発信しています!|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

今日は野村工務店SNSチームをご紹介させていただきます。

1月からスタートしたSNSを通じたコミュニケーションチームのメンバーは営業部の鹿野友紀課長永井啓一課長。そして、営業部販売促進課の宮倉菜穂子中川美紗子の4人です。

私たちのお仕事はお客様とのコミュニケーションが中心です。皆様からのお問い合わせに対応し、モデルハウスへご案内することはもちろん、ご要望をお聞きして間取りプランをご提案すること、さらには資金計画のご相談にお答えすることなど様々です。

また、販売促進課のふたりはホームページの更新や、チラシや住宅情報誌へ掲載する広告原稿作りも担当していますので、お客様への情報発信の中心という大切な役割も担っています。

さらに、このFacebookページAmebaブログInstagramを通じた情報発信も始まりましたので責任重大、プレッシャーも少し感じています(汗)。でもワークライフバランスにも取り組みながら、楽しく、有意義な情報発信をしていきますので、フォローやブログ登録もよろしくお願いいたします!

また野村工務店は約80名の社員スタッフがいます。今後、機会を改めて紹介してまいりますので、ご期待くださいね!