野村工務店オフィシャルブログ

「official」は野村工務店が運営する家づくり情報サイトです。
絵の具のパレットのように、あなたの色=理想の住まいをつくるお手伝いができるよう、役立つ情報をお届けします。

アフターメンテナンス|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【点検からリノベーションまで、アフターメンテナンスも野村工務店にお任せください】

みなさんこんにちは。先日の台風では雨漏りなどの被害はありませんでしたか?

台風地震などの影響を受けると、住まいも少しずつ傷みが生じますので、定期的な点検を心掛けてくださいね。今回は、ご購入後のアフターメンテナンスや、修理、リフォームについてご紹介いたします。

 

  • 定期点検とメンテナンスの体制

野村工務店では、住宅が完成したあと引渡し後3ヶ月目と1年目の計2回、無料定期点検にお伺いします。3ヶ月目点検は分譲地担当者が、1年目点検は専門部署のリフォームとメンテナンスチームが訪問いたします。傷みやすい箇所を中心に隅々まで点検し、その場で結果をご報告いたします。それ以降も、住宅のお悩みがあれば遠慮なくご相談ください。メンテナンスチームが家の修理のプロとして対応いたします。

 

  • メンテナンス講習の実施

しっくいの壁」は野村工務店の大きな特徴ですが、暮らしているうちに物が当たった際の小さなキズや汚れが生じます。もちろん修理のご依頼もお受けしますが、最近はDIY人気も高まり、お客様ご自身の手で補修したいというケースも増えてきています。そこで、プロの左官屋さんを招いて、お客様ご自身でできる簡単な家の修理・補修の仕方を学んでいただく講習会も実施しています。また、しっくい壁の補修にも使用できるキット「しっけへん」の通信販売も行っています。

しっけへん」の詳細はこちら

http://www.nomura-k.co.jp/shikkehen/

 

  • リフォーム&リノベーション

住宅設備の更新だけでなく、大がかりなリノベーションにも対応できる本格的なリフォームチームを立ち上げており、メンテナンス工事も担当させていただくことがあります。詳しくはこちらもご覧ください。

http://www.nomura-k.co.jp/project/reform/

ご購入後のお困り事も、野村工務店におまかせください!

 

空間を立体的にいかす! スキップフロアの住まい|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【空間を立体的にいかす! スキップフロアの住まい】

住まいの設計を平面として考えるだけではなく、立体的にプランニングするのは野村工務店の得意とするところ。今回は、そのひとつ「スキップフロアの住まい」を建てられたS様邸をご紹介いたします。

主人と楽しく共有できる空間が欲しかった」とおっしゃる奥様。以前はマンションにお住まいで、ワンちゃんとの暮らしにも憧れていたそうです。閑静な住宅街にあるS様邸はフロアの高さを半階ずつにすることで高低差をつけることができ、実際の床面積よりも広く感じる効果があるスキップフロアを採用されました。

プランニングのポイント

  • 1階には主寝室と、洗面・浴室など水廻りを配置。
  • 2階から3階にかけてはキッチン、ダイニング、リビングと段差を設けながら配置。
  • キッチン横にはバルコニーがあり、窓からは自然光が差し込む間取り。カップボードや収納スペースもホワイトで統一して清々しい雰囲気に。ダイニングのカウンター下には愛犬専用のベッドも設置。
  • 3階にはスキップリビングを設けて、上部にトップライトを設けた明るさ抜群の開放的な空間に。さらに段差を上がれば、屋上の広いスカイバルコニーへと続く。
  • 3階洋室は奥様専用のお部屋も設置。トップライトを設け、部屋全体が明るくて居心地が良い空間に。

スキップフロアの住まいは壁をなくしたオープンな空間なので、どこにいても家族の気配を常に感じることができるんです」と奥様。立体的に空間を使うことで、通風や採光面でもメリットが生まれるスキップフロアの魅力をフルに活かしたお住まいですね。ぜひ、皆さんも参考にしてくださいね!

野村工務店でマイホームを建てられたご家族の声は、こちらもご覧ください。

http://www.nomura-k.co.jp/voice/

建築現場で発見した「キズ撲滅運動」とは?|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【建築現場で発見した「キズ撲滅運動」とは?】

みなさん、こんにちは。

先日、ある分譲地でモデルハウスを見学されたお客様が、隣接区画の建築工事現場に貼られていた「キズ撲滅運動」の張り紙をご覧になり、「こういう活動もしているんですね!」と感心されていました。

私たちにとっては“当たり前”のことなのですが、初めて住宅建築の現場を見るお客様にとっては“発見”である、ということに改めて気付いたのでご紹介させていだきます。

住宅建築の現場では、基礎、外壁や屋根などの建物本体、内装、左官、電気…と様々な専門技能を持った職人さんが、それぞれの担当工程を引き継ぎながら工事が進んでいきます。

野村工務店では、協力会社さんとともにつくる「野村工務店協力会」を中心として、施工品質の向上や安全管理につとめていますが、その中でチカラを入れていることのひとつが「キズ撲滅運動」です。

施工する際には必ず養生を行い、前工程の作業者がおこなった工事にキズをつけない、汚さない」というプロとしての気遣い、心遣いを職人ひとりひとりに実行してもらうために行っているのが「キズ撲滅運動」なのです。

具体的には、建具の枠部分やサッシなどキズの付きやすい部位の注意喚起や、作業時の注意点といった対策を挙げながら、日々の作業に活かしてもらっています。

高品質の住まいは、高品質の仕事からうまれるもの。現地見学の際に、工事中の現場があれば、職人さん達の仕事の様子をご覧になってみてくださいね!

「オーベルジュコート南星田」が、いよいよ最後の1邸に!|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【「オーベルジュコート南星田」が、いよいよ最後の1邸に!】
みなさん、こんにちは。今回は、販売物件の速報ニュースです。

山小屋ロッジ風外観デザインと美しい街並が特長で、「もう2度と出会えないかもしれない、こだわりの邸宅」として登場した「オーベルジュコート南星田」ですが、全7区画のうち6区画にご契約をいただき、いよいよ最後の1邸を残すのみとなりました!

すでに竣工した住戸へはご入居も始まり、新しい暮らしをスタートされたお客様もいらっしゃいます。
邸宅の間を隔てる塀がなく、高知県から取り寄せた大きな川石シンボルツリーがアクセントとなったのびやかで、美しい街並での暮らしをご満喫いただいていますよ♬

今回ご紹介している写真も、ほとんどがご契約済の住戸となりますが、現地では1号地の完成済邸宅と、こだわりの街並をご覧いただくことができます。
この夏、野村工務店のこだわりの街づくりを、ぜひご覧になっていただければと思います!

また、星田エリアでは「オーベルジュコート南星田」に続き、いくつものプロジェクトが動き始めています。新しい情報も、随時ご紹介して行きますので、ご期待くださいね!

「オーベルジュコート南星田」の詳細はこちらです。
http://www.nomura-k.co.jp/shintiku/hoshida9-7/

野村工務店の新築物件一覧はこちらです。
http://www.nomura-k.co.jp/shintiku-list/

野村工務店で建てたお住まい拝見!「カリフォルニアスタイルの家」|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【野村工務店で建てたお住まい拝見!「カリフォルニアスタイルの家」】

 

今日は、夏でも涼しげな「カリフォルニアスタイルの家」を建てられたK様のお住まいをご紹介いたします。

 

K様ご夫妻はともにが好き。お子様の成長を考えて、マンションから自由設計の家への住み替えを決められた際に、こだわったのは「海をイメージした内装」でした。

キッチンのブルーはカリフォルニアの、しっくいの白色は砂浜や波の色。天井の淡いブルーは、カリフォルニアのクリアなをイメージし、モザイクタイルのカラーもコーディネイトされています。吹き抜けになったリビング階段には天窓からの自然光も差し込み、とても明るく開放的な雰囲気。まさに、からりと乾いたカリフォルニアの空をイメージさせてくれます。

また、キッチン横には無垢材を貼った壁や天井がモダンな印象を与えてくれる和室を設置。木の質感がビーチのテラスのようにも思えてきますね。オーニングを取り付けた2階バルコニーからもカリフォルニアの雰囲気が漂ってきます!

また、キッチン横には奥様のワークスペースともなるテーブルを設置。本を読んだり献立を考えたりと、とても落ち着く空間になっているそうです。ご主人にはロフトも設けた専用の洋室をご用意。仕事で必要な道具の保管庫や、書斎として本を収納出来るのに役立つとのことです。

このほか、2階の勾配天井には天窓があり、廊下や階段の手摺りにはアイアンを使うことでより開放的な空間づくりを実現されています。明るく開放的で夏は涼しげな、冬は暖かいお住まいを建てられたK様でした。

 

野村工務店でマイホームを建てられたご家族の声は、こちらもご覧ください。

http://www.nomura-k.co.jp/voice/

建築家と野村工務店の個性がコラボ、注目プロジェクトが続々登場!|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【星田9丁目で建築家とのコラボプロジェクトが進行中!】

みなさま、こんにちは。

 

現在、野村工務店では私たちの持つ施工力と、建築家の持つ個性がコラボレーションする住まいづくりを目指して、複数のプロジェクトを進行中です。どんな住まいが出来上がるのか、私たちもとても期待を抱きながら、打ち合わせを進めているところです。

第1弾となる「オーベルジュコート星田9丁目9期」では全10区画、すべて敷地面積50坪超のゆとりの住宅地に、建築家の個性を十二分に活かすプロジェクトがスタート。まずは建築家の設計によるモデルハウス建設が始まりました。

「秋岡設計工房」の秋岡勉氏による6号地。コンセプトは「耐久性を考えた、ぬくもりある木を感じる住まい」。煙突のある山のロッジ風の完成予想図を見るだけでもワクワクしてきます!

さらに、第2弾のプロジェクトも着々と進行中です。こちらも、近日中に詳細をお知らせできる予定ですので、もう少しだけお待ちくださいね。みなさんも、お楽しみに!

 

「オーベルジュコート星田9丁目9期」についてはこちらもご覧ください。

http://www.nomura-k.co.jp/shintiku/hoshida9-9/

宿泊施設「Concept House」は、おかげさまで大人気です!|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【宿泊施設「Concept House」は、おかげさまで大人気です!】

この4月、モデルハウスを改装し宿泊施設としてオープンした「Concept House Hoshida」ですが、外国人観光客の方からも大人気の宿となっていますよ!

Airbnbのレビューでは5つ星

ありがとうございます!!

Thank you vary much!!!

場所はJR学研都市線星田駅から徒歩5分、野村工務店の本社にも近い場所。星田駅は大阪、京都、奈良という関西圏の主要観光スポットまで1時間圏内にアクセスできることも人気の理由のようですね。

建物は4LDKの大型住宅なので、寝室は4つ、ベッドは10台ご用意。まるまる一軒を貸し切っての宿泊となりますので、グループでのご利用がおすすめです。

もちろん外国人観光客の方に限定しているわけでなないので、ご親戚や遠方の友人をお招きする際などにもお使いいただければと思います。また、野村の住まいをご検討されている方には、実際の暮らしを体験いただける場所にもなりますね!

8月以降のご予約も入ってきていますので、ご興味のある方は早めの予約をおすすめいたします!

Airbnbのページはこちらです。

https://www.airbnb.jp/rooms/17813140?s=51

色?デザイン?機能?床材は何にこだわって選びましょうか?|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【梅雨から夏、ベタベタしないフローリング床材を選ぶなら…?】

ジメジメと、本格的に梅雨らしい天気になってきましたね……。

湿度が高くなると足の裏のベタつきが気になる、という方もいらっしゃいますが、たとえば床材に無垢の天然素材を採用することよって、ベタベタを少なくできることもあります。

天然の木肌をそのままいかした無垢材のフローリング床の特長のひとつは吸湿発散性能に優れていること。梅雨時などには湿気を吸収して、乾燥する冬場には湿気を放出します。呼吸をしている、と言う表現もできますね。そのため夏場はサラッとして、冬場は暖かく感じるというメリットをもっています。

一方、合板は温度・湿度変化に強く耐久性もあるというメリットもありますが、化学塗料で塗装されているケースも多いので表面の呼吸ができずに、夏のベタつきや冬の冷たさを生じてしまう原因となるのです。

ただ、合板でも表面に天然素材の突板(つきいた)を貼った突板フローリングと呼ばれるタイプもあります。天然木の味わいと合板の耐久性をあわせもつ素材といえますね。

野村工務店では壁には北イタリアしっくいの塗り壁仕上げを標準仕様としていますが、床材は様々な素材からの選択が可能です。色味や模様、機能性など、素材の持つ特性を踏まえてお選びいただくために、参考となる情報もこちらで提供しています。ぜひチェックしてみてください!

SUMAIパレット 「こだわりの床」11選・前編

http://nomura-k.co.jp/sumaipalette/?p=561

SUMAIパレット 「こだわりの床」11選・後編

http://nomura-k.co.jp/sumaipalette/?p=657

野村工務店で建てたお住まい拝見!「自然素材につつまれた家」|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【自然素材に包まれた、遊び心と工夫満載の素敵な住まい】

今回は、自然素材にこだわって住まいを建てられたK様邸をご紹介いたします。

「20年後に味わいの出る家にしたかった」とおっしゃる奥様。以前はマンションにお住まいで、奥様と息子さんが軽いアレルギーを持っていたことから、無垢材しっくいの塗り壁など自然素材に包まれた、五感に優しい家を目指されました。

奥様は設計やインテリアのコーディネートのお仕事もされている、住まいの専門家でもあります。素材選びに加え、細部の設計やコーディネートの工夫もたくさん込められていて、皆さんの家づくりにもヒントになりそうなポイントが満載です! 一部だけですが、ご紹介しましょう。

 

・LDKは2階に。傾斜天井と天窓で明るく開放的な空間にはロフトも設置

 

・キッチン出入口の天井にはオープン棚、LDKの扉はガラス扉を採用。開放感と機能性が両立

 

・階段踊り場は天窓付きの吹き抜け空間に。腰かけて本を読むこともできるスペースに

 

・1階の廊下と2階への踊り場に造り付けの本棚。子どもが自然に本と触れあえる環境に

 

・無垢の床材に合わせてキッチンも木目調のシステムキッチン、壁にはタイルを採用

 

・トイレの採光にステンドグラス、照明にペンダントライトを採用してコーディネート

いかがですか? ナチュラルテイストでコーディネートされたお住まいは、とても居心地のいい空間に仕上がっていますね。「しっくいの壁になって、空気がきれいになった感じがします」と奥様。ぜひ、皆さんも参考にしてくださいね!

野村工務店でマイホームを建てられたご家族の声は、こちらもご覧ください。

http://www.nomura-k.co.jp/voice/

ツバメの住みたくなる街、ヒナが大きく育っていました!|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【星田9丁目6期の街、ツバメが巣でヒナが大きく育っていました!】

みなさまこんにちは。野村工務店 営業部の永井です。

先日ご紹介した(http://www.nomura-k.co.jp/official/?p=1341)当社の分譲地「星田9丁目6期」のツバメの巣ですが、

その後、私が訪ねてみると、無事にヒナが誕生していました!


写真で確認できたのは3羽のヒナ。卵は5つあったので、まだ奥に隠れているかもしれません。
ヒナたちは目を閉じて半分眠っているような様子で並んでいるのですが、急に首を伸ばして口を開けます。

「何だろう?」と不思議に思っていると、エサを探しに行っていた親鳥が戻ってくるのです。

人間にはわからないけれど、ヒナたちは敏感に親鳥の気配を感じるのでしょうね。

われ先にと口を開けている様子を見ていると「はやくご飯、ちょうだい!」という声が聞こえてきそうなほど(笑)頑張って、写真を撮影してきましたので、ぜひご覧ください。

親鳥たちはヒナの口にエサを入れてあげると、すぐに次のエサを探しに飛び去って行きます。
お父さんとお母さんが交代で戻ってくるのでしょう。自分のお腹にも入れないといけないですし、親は大変ですね。
「なんだか、人間も同じだなぁ」と思い、苦笑いが出てしまいました。

でも、生き物が無事に育っていく姿を見ているのはうれしいですし、なんだか元気をもらえます!
これからも、ツバメがたくさんやってくる住まいづくり、街づくりのお手伝いをして行きたいと、改めて思いました。

頑張れ、ツバメたち!