野村工務店オフィシャルブログ

「official」は野村工務店が運営する家づくり情報サイトです。
絵の具のパレットのように、あなたの色=理想の住まいをつくるお手伝いができるよう、役立つ情報をお届けします。

ぐっすり眠りたい! 良質な睡眠のための寝室づくりのポイントとは?|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【ぐっすり眠りたい! 良質な睡眠のための寝室づくりのポイントとは?】 
みなさんこんにちは、野村工務店です。
エアコン無しでは眠れない日々、酷暑の夏が続きますね…。
でも、良質な睡眠のためにはエアコン以外にも寝室そのものにも大切なポイントがあります。
ぐっすり眠れる寝室づくりのヒントモデルハウスなどのお部屋を例にご紹介しましょう♬

 

●寝室の方角・位置
LDKや浴室、トイレなどから離れた独立性が高い位置が理想的。
朝型のライフスタイルの方は朝日でスッキリ目覚められる東向きの窓がおすすめ。敷地の方角や日当たりを考慮して、寝室の位置を決めましょう。

 

●窓の位置
ベッドヘッドの上に窓があると、冬場に冷気が伝わり睡眠の妨げになります。上部に設ける場合は小さな窓にすれば寒さを防げます。
朝日を取り入れたい場合やバルコニーとつながる大きな窓がある場合はベッドから離れた位置に設けましょう。

 

●天井の高さ
寝室の天井が高いとベッドに横になった時に高さが気になって落ち着かないことも。
屋根の傾斜などで天井が低い部屋を寝室にする、天井面を暗めの色にして実際よりも低く感じさせるようするといった工夫も考えてみましょう。子ども部屋ならロフトをベッド代わりにしてもいいですね!

 

●照明
ベッドに横になった時に直接光源が目に入らない位置に設置しましょう。シーリング照明やダウンライトはベッドの位置を考慮して配置しましょう。コーブ照明(天井を照らして光を拡散する照明)、スタンドライトなどの間接照明もおすすめ。

 

●温度・湿度
エアコンの風が直接体に当たらないよう、エアコンとベッドの位置をあらかじめ決めておくことが大切です。また湿度も体感温度を大きく左右しますので、調湿・消臭効果のある漆喰(しっくい)の壁材や天然の杉板を使うことともおすすめです。

 

●カラーコーディネート
寝室のインテリアはアースカラーや緑など、リラックスできる色でまとめると気持ちが休まり寝付きやすくなります。こげ茶やグレー、濃い紫などダークな色を選ぶと高級ホテルのような雰囲気を演出できますよ♬

モデルハウスでは、ぐっすり眠れる寝室づくりも考えながらチェックしてみてくださいね♬

これなら夏休みの宿題もはかどる!? ワクワクする素敵な子ども部屋のヒント|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【これなら夏休みの宿題もはかどる!? ワクワクする素敵な子ども部屋のヒント】

みなさんこんにちは、野村工務店です。
夏休み真っ最中ですね、お子様たちの宿題は進んでいますか?
今回は「子ども部屋のつくり方」について、いくつかヒントをご紹介いたしましょう。勉強がはかどる部屋づくりが実現できるかも!?

 

その1、まるで秘密基地みたい! ロフト付きプラン

空間をムダなく活用するために、傾斜天井を活かしたロフト付きの部屋は「秘密基地みたい!!」とお子様にも大人気♬ はしご階段を2つ用意しておけば間仕切りも可能!

 

 

その2、将来は個室に間仕切りできる可変性

小学校高学年から中学生くらいになり思春期を迎えると、落ち着いて勉強するためにも個室空間が欲しくなります。小さなときは兄弟や親子でゆったり過ごした部屋を「間仕切り」で個室空間に変更できる“可変性”を持ったプランも人気。あらかじめドアを複数用意しておけばロフト付きの部屋でも間仕切りすることができますし、3人兄弟でも3つのドアがあれば3室に変更可能です!

 

 

その3、趣味をいかしてコーディネート♬

たとえば、「サッカー好きの男の子の部屋」、「レゴ大好きキッズの部屋」、「オシャレ女子の北欧テイストの部屋」など、趣味や好きなテイストをいかしたコーディネートも楽しいですよ! あれこれ考えていると、自分も子どもに戻りたくなってしまうかも!?

 

モデルハウスではお子様もご一緒に、「子ども部屋」づくりを想像しながらチェックしてみてくださいね♬

イマドキの和室プラン、ぐっと価値を高める工夫のポイント3|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

みなさんこんにちは、野村工務店です。

新居の間取りを考える際に「和室をつくるかどうか?」と悩む方も多いようですね。
野村工務店では、現代のライフスタイルにマッチした、価値のある「イマドキ和室」をご提案しています!

その1動線の工夫

玄関とLDK、それぞれに出入りできる動線上に和室を設ける「回遊和室」プランなら、リビング側扉を閉めれば客様をもてなすパブリックスペースとして、開ければ家族がくつろぐプライベートスペースとして、多目的にお使いいただけます! 来客にはLDKの生活感を見せたくないケース、両親や友人にもお泊まりいただきたいといったケースでも柔軟に対応できます。


その2つなげ方の工夫

LDKに隣接した和室をつくる場合、小上がりにしたり、リビングの一角を畳コーナーにしたりとつなぎ方を工夫することで「普段使いができる」和の空間が実現できます。キッチンカウンターの高さと揃えた「小上がりの和の空間」はオシャレな小料理屋さんのよう。段差をつくることで、畳に寝転がっても目線が下がりすぎないところも、フローリングとの融合のポイントです。

その3デザインの工夫

たとえば、フチのない琉球畳と白木の建具を使えばナチュラルテイストのインテリアにもマッチしてシンプルな和室も実現できます。モダンテイストのインテリアなら、黒の床の間にオレンジ色の建具というコーディネートも印象的。格子の引き戸を使ってリビングの一角に、完全独立型の畳コーナーを設置することもできます。

常識にとらわれずに工夫を加えることで、価値のある和室はつくれるのです! モデルハウスでは、「和室」のチェックもお忘れなく♬

強烈な陽射しや激しい雨から家を守るのが「軒(のき)」の役割|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

 

【強烈な陽射しや激しい雨から家を守るのが「軒(のき)」の役割】

みなさんこんにちは、野村工務店です。

夏至は過ぎましたが、夏の厳しい暑さと台風などの激しい雨はこれからが本番。直射日光や雨から住まいを守ってくれる大切な存在が「軒(のき)」や「庇(ひさし)」だということはご存知でしょうか? 最近は外観デザインをスッキリさせるために軒や庇を設けない住宅も増えてきましたが、今回はその優れた機能をご紹介したいと思います。

 

 

「軒(のき)」は、外壁から突き出た屋根の部分を指し、「庇(ひさし)」玄関や窓などの開口部の上に取り付けられる小さな屋根を指します。「軒」や「庇」は、雨が多くて四季のある日本の気候に合わせ、家を守るために生み出された伝統建築の知恵。木造住宅の場合、「軒」のない家とある家では、その耐用年数に倍以上の差が生まれると言われています!

 

太陽の陽射しが当たる角度を示した図をご覧ください。

 

 

大きな「軒」は、直射日光が外壁や窓に当たるのを防いでくれます。建物が劣化する大きな原因となる紫外線から外壁を守り、室内の温度上昇も抑えます。一方で、太陽の高さが低い冬場には窓から日差しが入るように設計されていますので、冬の採光や温かさは確保できます。

 

 

また、雨が窓や外壁に直接当たることを防ぐことで、窓まわりのシーリング材などの劣化が抑えられ、雨漏りリスクを減らします。雨だれによる汚れも防げるため、外観をきれいに保てる効果もあります。

 

さらに「軒」を活かすことで、機能性も兼ね備えたモダンなデザインの住まいをつくることもできます。写真は軒の裏側に用いる素材に天然木の「アメリカンシダー」を使った「日和-BIYORI-南星台3丁目」の外観。夜になると、窓の明かりに外観の凹凸と白い外壁、軒裏の天然木が浮かび上がります♬

 

 

モデルハウスを見学する際には、「軒」にもぜひ注目してみてくださいね♬

 

「日和-BIYORI-南星台3丁目」

http://www.nomura-k.co.jp/shintiku/nanseidai/

「窓を開けられない問題」の解決法、「バッファード・ポーチ」&「中庭」とは?|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【「窓を開けられない問題」の解決法、「バッファード・ポーチ」&「中庭」とは?】

 
みなさんこんにちは、野村工務店です。
「日光や風を感じたくて大きな窓を設けたけれど、周りからの目線が気になりカーテンや雨戸が閉めっ放し…」。そんなお客様の声に奮起した、野村工務店の設計チームの回答を今回はご紹介いたします。

 

都心エリアや最寄り駅から近い土地は、利便性の高さというかけがえのないメリットがあります。ただ、周囲には市街地が広がり人通りも多いことから「外からの目線が気になり、窓やカーテンを開けにくい…」という声をいただくこともありました。

こうした「窓を開けられない」問題の解決策のひとつが「バッファード・ポーチ」です。

 

 

外部に面したリビングと道路の間に“バッファーゾーン”となるように、格子フェンスのあるウッドデッキを設けて「バッファード・ポーチ」と名付けました。バッファー(buffer)という言葉には「緩衝材」などの意味がありますが、心地よい風と太陽の光を取り込むと同時にプライバシーも確保する仕掛けです。

 

 

もうひとつの解決策は「中庭」です。

都市型3階建住宅の中心に“光井戸(ライトウェル)”となる吹き抜け空間を設けて中庭をつくる「光井戸プランニング」。庭にはシンボルツリーを植樹することで、窓やカーテンを開け放ったまま、四季の移り変わりや自然の風と光を取り入れることができます!

 


 

「バッファード・ポーチ」を採用したのは「オーベルジュコート四條畷」。
http://www.nomura-k.co.jp/shintiku/shijonawate/

「光井戸プランニング」を採用したのは「中庭HOUSE-SUMINODO-」。
http://www.nomura-k.co.jp/shintiku/suminodo/
現地で、その明るさと開放感を実感してみてくださいね!

駅徒歩6分の「オーベルジュコート河内磐船」、好立地&快適性能へのこだわり|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

駅徒歩6分の「オーベルジュコート河内磐船」、好立地&快適性能へのこだわり】

JR学研都市線「河内磐船」駅から徒歩6分と軽快なアクセスが魅力の「オーベルジュコート河内磐船」。たくさんのお問い合わせをいただき好評分譲中です! 今回は快適な暮らしのための設備のこだわりをご紹介いたします。

現地は駅から至近の立地であるだけに、鉄道の線路にも面しているのですが、野村工務店は快適性にも妥協はしません。騒音対策断熱性能にもこだわり、設備面でのグレードアップを施しました!

防音フェンスの設置…遮音と吸音をあわせ持つ2面構造パネルの防音フェンスすややRシリーズ」を採用、プライバシーの確保防犯効果も高めています。

 

LOW-E(遮熱高断熱)ペアガラスの標準採用…暖房費を40%削減する断熱効果の非常に高いペアガラスを標準採用とすることで断熱性能をアップ。

 

防音効果を持つ内窓インプラス」のオプション採用…樹脂製内窓「インプラス」を追加すれば、LOW-Eペアガラスの外窓との間の空気層とインプラスが二重の障壁となって静かな室内空間を実現します。

 

JR線に加えて京阪交野線「河内森」駅と京阪バス「河内磐船駅」バス停も徒歩圏と、通勤やレジャーへの交通アクセスが抜群の立地。「枚方T-SITE」で話題の枚方市駅へも13分とショッピングもラクラク♬

全18区画の街並は、瓦とレンガと漆喰の外観、シンボルツリーや街灯のデザインが統一感を持ち、美しい景観をつくりだします。ぜひ、現地でその魅力をお確かめください!

http://www.nomura-k.co.jp/shintiku/kawachiiwafune/index.html

梅雨時でも室内はカラリ! 白が際立つ「北イタリア漆喰マルモ」の壁|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【梅雨時でも室内はカラリ! 白が際立つ「北イタリア漆喰マルモ」の壁】

近畿地方にも梅雨の季節が近づいてきました。しばらくはジメジメが続きますね…。

でも、この季節にこそ優れた機能を発揮するのが、野村工務店が標準仕様としている「北イタリア漆喰マルモ」の漆喰(しっくい)壁です!

脱ビニールクロス宣言」を掲げ、熟練の職人が丁寧に仕上げていく野村工務店の住まいには、壁はもちろん天井にも漆喰が使用されています。仕上がりの美しさだけでなく、「結露がない」「カビが生えない」「風合いがいい」と、機能面からもお客様からもとてもご好評をいただいています!

漆喰の主成分となる「消石灰(水酸化カルシウム)」は、原料となる石灰石を高温で焼いた生石灰(酸化カルシウム)に、少量の水を混ぜて作られます。消石灰は無数の小さな孔、微細孔を持っていることで、高い吸湿機能を持っているのです。

実は、「北イタリア漆喰マルモ」には、その製造法に秘密があります。

北イタリア産の「白大理石」の粉末が入っているため、日本産の漆喰に比べても清々しい白さが際立つのです。写真はイタリア北部、トスカーナ州カッラーラの採石場。この場所から採掘された大理石が高級感のある圧倒的な“白”を生み出します。

また、消石灰は細菌の発生や増殖を予防する天然の抗菌・抗ウイルス性能、さらにシックハウスの原因となる揮発性有害物質(VOC)を吸着・分解する抗アレルギー性能も持っています。

「マルモ」の漆喰壁は、梅雨時こそ、その美しさと性能を実感できるチャンスなのです。ぜひ、各モデルハウスで漆喰壁を体感してみてくださいね!

植栽のこだわり! 家ごとに個性的なシンボルツリーがある街づくり|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【植栽のこだわり! 家ごとに個性的なシンボルツリーがある街づくり】

みなさんこんにちは。

新緑がまぶしい季節になりました♬ リビングや寝室から緑の木々を眺めることができる家は素敵ですよね。風にそよぐ緑の葉は、気持ちをとても穏やかにし、心を癒やしてくれますよね!

美しい建物づくりだけではなく、街並づくりも大切にしている野村工務店では、外構のデザインや植栽として用いる木々にも細やかな配慮を施しています。例えば「中庭HOUSE-SUMINODO-」では、各邸宅の中庭に植えたシンボルツリーの樹種にもこだわっています。

2号地には「ユズリハ」の木。冬場でも大きな緑の葉をつける常緑樹で、初夏には黄緑色の小さな花を咲かせます。リビングやダイニングなど家中のどこからでも様々な表情を楽しめます。3号地には日差しや乾燥にも強く、夏には美しい花を咲かせるサルスベリ」。

4号地、5号地、6号地は樹皮の模様が特徴的なアオダモ」。白い斑点模様の涼しげな枝と、春には白い花が目を楽しませてくれます。8号地、9号地は寒さにも強くハートのような丸い葉をつけるカツラ」の木。秋には黄色に色づき紅葉を楽しむことができます。いずれの木も、3階建て住宅のどのフロアからも楽しむことができる高さの樹木を選びました!

また、自然を活かす家「オーベルジュコート星田9丁目9期」にも、屋根を超えるほどの高さをもつ木が植えられ、薪ストーブの煙突の隣で鮮やかな新緑の姿を見せてくれています♬

 

風薫る季節、木々が彩る家々の表情を、ぜひ現地で確かめてくださいね!
「中庭HOUSE-SUMINODO-」
http://www.nomura-k.co.jp/shintiku/suminodo/

 

「オーベルジュコート星田9丁目9期」
http://www.nomura-k.co.jp/shintiku/hoshida9-9/

囲炉裏付き! デッキベンチを堪能できる住まい♬ 「オーベルジュコート枚方朝日丘」】|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

囲炉裏付き! デッキベンチを堪能できる住まい♬ 「オーベルジュコート枚方朝日丘」】 

こんにちは、野村工務店です。

室内のリビングと、バルコニーのデッキベンチの両方を使い、贅沢なくつろぎの時間を持てる住まいが誕生!京阪本線枚方市駅から徒歩10分の好立地、閑静な住宅街に新規分譲住宅として登場したのが「オーベルジュコート枚方朝日丘」全4区画です。

 

 

 

モデルハウスが完成した2号地は2階リビングに面して大型のバルコニーを配置。室内外に段差のない“フラットバルコニー”を採用していますので、ガラスサッシを開け放てば、まさにアウトドアリビングとして贅沢な使い方が可能。

 

バルコニーには舞台のように段差を設けたデッキベンチを設置し、その中央には囲炉裏も設置! 炭火で魚を焼いたり、お酒を燗したり…楽しみ方は無限大♬ 頭上は天窓付きの屋根がカバーしているので、少しくらい天気が良くなくても屋外空間でのくつろぎタイムを実現できます。

 

一方、3号地は1階のリビングに面しアウトドアリビングデッキを配置したプラン。約4帖分のデッキを使って、屋外でのランチや、テントを張ってグランピングも楽しめそうです♬

デッキは和室にも接していますので、全部の窓を開ければ約24帖分の大空間として活用できます!

 

 

両プランとも小屋裏収納やロフトなど豊富な収納も確保し、2階居室には天窓を設けるなど立体的な空間活用にも工夫を凝らしています。ぜひ、現地モデルハウスでくつろぎのプランをご確認くださいね!

 

「オーベルジュコート枚方朝日丘」

http://www.nomura-k.co.jp/shintiku/hirakataasahi/

梅田10分圏の一戸建て「グランモントーレ尼崎」にモデルハウス完成!|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

梅田10分圏の一戸建て「グランモントーレ尼崎」にモデルハウス完成!

こんにちは、野村工務店です。

野村工務店の新ブランド「グランモントーレ」として、梅田駅10分圏の好立地で好評分譲中「グランモントーレ尼崎」に、待望のモデルハウスが完成しました!

 

 

 

 

 

 

リビングダイニングはもちろん、各居室にも2面以上の開口を設けた明るく開放感のあるプランは野村工務店のこだわりを踏襲したもの。しっくい壁シックなフローリング床でコーディネートしたリビングは昼と夜で違った顔をみせてくれます。タタミコーナーはお子様の勉強や、家族のくつろぎスペースとしても重宝するはず。

 

 

 

主寝室にはウォークインクローゼットを配置したほか、玄関にはシューズインクローゼット、さらに小屋裏収納も配置することで、スッキリと暮らせるプランです。タイル調の洗面台や、格子の大型サッシなど建具仕様にもこだわっていますよ♬

 

もちろんガレージ付きなので駐車場代が不要、光熱費を節約してくれるオール電化設備を標準装備、自由設計で住まいを建てられる建築条件付き土地を中心にご用意しています。

 

「グランモントーレ尼崎」は阪神本線「杭瀬」駅から徒歩8分、JR「尼崎」駅へも自転車で約7分と使い分け可能な2WAYアクセスが魅力。杭瀬駅からは梅田駅まで10分、尼崎駅から大阪駅までは6分(それぞれ最短)です!

 

周辺はショッピングモールや生鮮食料品店などの商業施設も充実し、保育園や幼稚園、小学校、そして公園も徒歩5分圏内に揃っていて、子育てファミリーにもうれしい環境。敷地は幹線道路から離れており、陽当たりや採光・通風に優れたフラットで穏やかな場所。敷地北側には公園がひろがり、春には桜咲く緑道が優しく出迎えてくれます♫

 

都市型のライフスタイルと、一戸建て住宅の魅力を満喫できる「グランモントーレ尼崎」を、ぜひ現地でご確認ください!

 

「グランモントーレ尼崎」の詳細はこちらです。

http://www.nomura-k.co.jp/shintiku/kuise/