野村工務店オフィシャルブログ

「official」は野村工務店が運営する家づくり情報サイトです。
絵の具のパレットのように、あなたの色=理想の住まいをつくるお手伝いができるよう、役立つ情報をお届けします。

今週末は「梅園町」&「星田8丁目」モデルハウスの完成お披露目会を同時開催! |大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

今週末は「梅園町」&「星田8丁目モデルハウス完成お披露目会を同時開催!

 

みなさんこんにちは、野村工務店です。

京阪本線土居から徒歩3分と駅近の住宅地、守口市梅園町新モデルハウスが完成!
10月13日(土)14日(日)、この週末はいよいよ完成お披露目会を開催いたします!

今回はインテリアコーディネートと写真撮影を終えたばかりの邸内の様子をご紹介いたします♪


自然石と天然木を組み合わせた鮮やかな印象を持つエントランスから邸内へと進んでいくと、光あふれる回廊から明るく広々としたLDKが目に飛び込んできます。

都市生活においても自然の安らぎや四季の移り変わりを感じていただけるよう、家の中心には中庭とサンルームを設けてみました。

リビングからは落葉樹のシンボルツリーを配した中庭の景色が望め、疲れを癒してくれるでしょう。


リビングの天井に配した間接照明と竹のスリットは、光と影のアートを生み出し、太陽の心地よさを実感できるサンルームはお子様の遊び場にもぴったり♪
キッチンの周囲はすべて収納スペースに!


ひのきチップ畳を採用した小上がりの和室は、扉を開け放つとサンルームとつながり光が差し込む明るい空間に。

1階の寝室にも天井や壁の一部にひのきを使い、中庭からの柔らかな光と優しい香りが安らかな眠りに誘います。


屋根裏感のある2階の子ども部屋は、しっくい壁に型押しして模様付けしたこだわりの空間。
「エレベーター式お片付けBOX」や「フック式収納」など片付け習慣が身につく工夫にもご注目ください♪


モデルハウスの建つ敷地は、北西以外の3方向を建物に囲まれた密集地ですが、都市型住宅をご提案するために、あえてこの場所にモデルハウスを建築。
コンパクトでありながら、周囲からの視線を遮り光や風を取り込むことができる工夫が満載のプランをぜひご覧ください!

 

オープン記念として簡単なお食事とお飲み物をご用意いたしますので、ご予約のうえお越しください

 

また、13日・14日には先日完成お披露目会を行った「星田8丁目モデルハウス」でも見学会を同時開催いたします(ご予約不要)!

三角形の敷地に1.6mの高低差という制約のある土地に誕生した星田8丁目モデルハウス」、そして最寄り駅から徒歩3分の都市型狭小地に誕生した「梅園町モデルハウス」。
どちらも土地の個性を生かしきる野村工務店のプランニング力を実感いただける邸宅に仕上がっています!

両モデルハウスともにお客様用駐車場もご用意していますので、お誘いあわせの上、お気軽にご来場ください。

 

「梅園町モデルハウス」、「星田8丁目モデルハウス」の詳細情報や見学のご予約はこちらです!

http://www.nomura-k.co.jp/custom/

「ご提案プラン」も載っているけど、どこまで自由設計なのですか?|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【「ご提案プラン」も載っているけど、どこまで自由設計なのですか?】

 

こんにちは、野村工務店です。

先日、お客様から

 

フリープランって書いてあるけどチラシやホームページにはご提案プランも載っていますよね? どこまで“自由”に計できるの?」というご質問をいただきました。

 

野村工務店の分譲地にはA:モデルハウス(建売住宅)と、B:フリープラン住宅(建築条件付き宅地分譲)の2タイプがありますので、その違いも含めてご説明いたします!

 

 

まずAのモデルハウスは完成した状態を隅々までご覧いただいたうえで、そのままご購入いただける建売住宅」になります。さまざまなオプション設備やインテリアがコーディネート済の邸宅がほとんどなので“おトク”にお求めいただけます♪

 

一方、Bのフリープランは「リビングを吹き抜けに」、「和風モダンの内装デザインに」、「ウッドデッキが欲しい」などなど、お客様のご希望をお聞きしたうえで設計士とインテリアコーディネーターがプランをご提案させていただく、“自由設計の住宅です。

 

ただし、容積率や建ぺい率など法規上の制限は守らないといけませんので、それぞれの分譲地の土地にどれくらいの建物が建てられるのをイメージしやすいよう、「ご提案プラン」をつくってご提示しています。

また、分譲地では美しい街並づくりを実現するために、外観には統一性をもたせたデザインを採用しています。モデルハウスやご提案プランも参考にしながら、オンリーワンのマイホームをご一緒につくりあげていくのが“自由設計”の家づくりスタイルです♪

 

 

さらに、野村工務店では「注文住宅チーム」も設立いたしました!

こちらは、ご希望の土地に、外観デザインなども含めてすべてお好み通りの住宅を建築するためのチームです♪ もし、土地をお持ちでなくても野村工務店には土地情報が豊富に揃った「用地部」があります。お客様が希望されている住宅のイメージを踏まえながら、ご希望にマッチする土地探しの段階からお手伝いいたします。古家がある場合でも解体工事も請け負っていますのでご安心を!

 

土地の造成や街並づくりが完了している「分譲地」でマイホームをお考えの方も、土地を探して「注文建築」をお考えの方も、野村工務店がオンリーワンの家づくりをサポートいたします。お気軽にご相談ください♪

 

まだ1年ある? もう1年しかない? 消費税率アップ1年前になりました!|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

 

【まだ1年ある? もう1年しかない? 消費税率アップ1年前になりました!】

 

こんにちは、野村工務店です。

水が半分入ったコップを見て「まだ半分ある」と思うのか、それとも「もう半分しかない」と思うのか、同じ状況でも考え方次第でポジティブにも、ネガティブにもなるという心理学の話は聞いたことがありますか?

 

しかし、考え方だけではどうにもならない問題もあります。

たとえば、消費税率アップまでに残された時間です。

 

 

約1年後、2019年10月1日からは消費税率が10%に引き上げられる予定です。

たとえば建物価格2500万円の住宅を建てる場合、税率8%なら消費税は200万円ですが10%では250万円となり、50万円も税負担額が増えてしまいます。
10月1日以降に引き渡される注文住宅の建築費には10%の消費税が課税されますので、できるなら来年の9月中に住宅の引き渡しまで終えていたい、と思いますよね。

 

スケジュールを逆算して考えてみましょう。

一戸建て住宅の建築工事には通常4〜6ヶ月程度の時間が必要になります(建築確認申請など法的手続きの時間も含む)。

2019年9月中の完成&引き渡しを目指すのなら、来年の春には設計を終えて着工していないと難しいかもしれません。

消費税率アップに伴う経過措置として、2019年3月中に建築請負契約を済ませていれば、引き渡しが10月以降になっても税率は8%という救済制度も予定されていますが、どちらにしても3月までにはプランを固めて、契約を終えておく必要があるのです。

 

自由設計で注文住宅を建てる場合、ご相談をいただいてからプランのご提案、修正、設計、契約というプロセスには、やはり数ヶ月から半年程度の時間がかかります!

 

となると…消費税率8%での住宅建築を目指すのなら、やはり「もう1年しかない!」と考えるべきなのです!

 

「これから動き始めよう」という方なら、1日でも早いスタートをお勧めいたします♪

 

野村工務店の自由設計で家を建てる流れについては、こちらもご覧ください。

http://www.nomura-k.co.jp/make/freeplan/

注文住宅を建てる前に知っておきたい、土地探しの注意点とは?|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【注文住宅を建てる前に知っておきたい、土地探しの注意点とは?】

 

こんにちは、野村工務店です。

「注文住宅を建てたいのだけど、土地探しは大変そう、難しそう…」という方もたくさんいらっしゃいます。

今回は不動産ポータルサイトやチラシなどで土地を探す際に、知っておきたい基礎知識をご紹介いたします。

 

まず、よく目にする「用途地域」や「建ぺい率」、「容積率」…といった用語ですが、その意味はご存知でしょうか?

 

「用途地域」はエリアごとに建物の種類やその用途を定めたもので、第一種住居地域、商業地域、準工業地域など12種類に分けられます。

たとえば低層住居専用地域は閑静な住宅街ですが、商業施設が建てられないので買い物が不便になる可能性も。
逆に商業地域や工業地域は住居以外の利便性が優先されますので、周辺にどんな施設があるのか現地でのチェックが重要になります。

 

「建ぺい率」、「容積率」はその土地に建てられる建物の大きさを定めるもので、「用途地域」によってその数字は違っています。

たとえば100㎡の土地が「容積率100%、建ぺい率60%」なら、床面積は最大60㎡で、延べ床面積が100㎡までの家が建てられます。2階建て住宅なら1階が60㎡、2階が40㎡の家となります(図を参照ください)。

このほかにも「高さ制限」や「北側斜線制限」など、建物の大きさや形を制限する法律もあります。

法規上の制限は「SUMAIパレット」でも詳しくご紹介していますので、参考にしてください!

 

もうひとつ注意したいのが、最近増えている「古家付き」土地です。

空き家となった古い建物が残ったまま売り出されているもので、新しく注文住宅を建てるためには建物を解体する必要があります。

 

通常、解体費用は土地を購入する側の負担となります。(その分、割安な価格設定となっているケースもあります)

 

イメージしている建物が建てられるかどうか?

古家の解体にどれくらいの費用がかかるのか?

 

土地選びに不安や疑問を持たれたのなら、ぜひ「野村工務店注文住宅チーム」にご相談ください!

住宅と不動産のプロが、お客様に寄り添ってご提案させていただきます!

 

間もなく完成! 土地の個性を生かしきった「星田8丁目モデルハウス」|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

★9/22(土)〜24(祝・月)の3連休限定「ご来場キャンペーン」★

WEBからご予約のうえ、各分譲地にご来場いただいた方に季節の変わり目に嬉しい「SK-IIフェイシャルトリートメントマスク」をプレゼント! 詳しくはホームページ(http://www.nomura-k.co.jp/)をご覧ください♪

 

【間もなく完成! 土地の個性を生かしきった「星田8丁目モデルハウス」】

 

みなさんこんにちは、野村工務店です。

先日ご紹介した「守口市・梅園モデルハウス」に続き、今回は「星田8丁目モデルハウス」をご紹介いたします。
この邸宅は野村工務店「注文住宅チーム」の拠点ともなるモデルハウスで、様々なアイデアや工夫を盛り込んだ提案型住宅
注文住宅をお考えのお客様にはぜひご見学いただきたい邸宅です!

モデルハウスの場所はJR学研都市線「星田」駅から徒歩8分、野村工務店本社からも近く、豊かな星田の自然環境にも恵まれた場所。
現地は高低差1.6m、三角形の変形地という制約のある土地ですが、あえてこの土地にモデルハウスを建設することで、土地の個性を生かしきる野村工務店のプランニング力を実感いただきたいと思っています!

プランの一番の特長は、高低差をそのまま生かしてスキップフロアを採用した立体的な設計です。

ビルトインガレージから階段を昇ると、大きな勾配天井の吹抜けを設けた21畳超のLDKが現れます。

 

 

家族が集まるリビングには石造りの壁をアクセントにした薪ストーブを設置し、収納やディスプレイと一体化した薪置き場もダイニング横に設けています。
自然に親しみ、環境にも優しいライフスタイルが実現可能です♪

 

 

リビングから階段を5段上がった寝室は「離れ空間」のような感覚で、薪ストーブの炎を眺めることもできます。さらに上層には子ども部屋として使える個室が2つあり、各空間のプライバシーが守られる設計に。

豊富な収納や家事動線など、生活のしやすさにも工夫を凝らしました♪

 

 

完成見学会は10月初旬の予定。
変形地でのマイホームをお考えの方や、まだ予定はないけれどお家やインテリアが好きという方も、ぜひご覧になってください!

 

 

詳細情報や見学のご予約はこちらから。

http://www.nomura-k.co.jp/custom/

 

SUUMO注文住宅にも掲載中です。

https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_nomurak/model/

建具にこだわって、ワンランク上のインテリアコーディネートを実現♪|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

建具にこだわって、ワンランク上のインテリアコーディネートを実現♪】

みなさんこんにちは、野村工務店です。

今回はインテリアコーディネートの大事な要素のひとつ、「建具」について。

「建具(たてぐ)」とは開閉できる仕切り」のことで、ドアや収納扉、間仕切り扉などのことを総称する建築用語です。建具選びにこだわることで、お部屋の印象も大きく変えることができるのはご存知でしょうか? 施工例の写真を見ながらご紹介しましょう♪

 

まずは室内ドア

ヨーロピアンテイストの腰壁には、同じテイストの木目を生かしたドアがしっくりきます。重たくなりすぎるようなら、光を通すガラス入りタイプを選ぶといいでしょう♪ アンティーク調にまとめるのなら、床材やドア枠とも合わせて重厚なダークブラウンの無垢材ドアがオススメ。

ナチュラルテイストにまとめるのなら薄い色のドア枠に、木目が鮮やかな白木のドアも素敵。ブルーのペイント建具を使ってアクセントにすれば、おしゃれな北欧風のコーディネートも可能です♪

 

次は収納扉

建具を工夫すれば、リビングやダイニング収納もお部屋のアクセントに生まれ変わります。たとえば、ダイニングテーブルの後ろに板がストライプ状に並ぶルーバー扉」を採用すれば、リゾート風の雰囲気を醸しだすとともに通気性も確保できます。

2点目はリビングのソファの後ろ、壁と同化するように収納扉が隠されているのが分かりますか? 機能性とインテリアを兼ね備えたこだわりの建具です♪

 

最後は間仕切り戸

玄関ホールとリビングを仕切る間仕切り戸に、障子のような和紙を使った引き戸を採用した施工例です。開けても閉めても、軽やかで開放的な和モダンなコーディネートが実現できますよ!

 

モデルハウスチェックの際には、建具のコーディネートにもご注目くださいね!

 

「SUMAIパレット」も参考にご覧ください。

http://nomura-k.co.jp/sumaipalette/?p=1478

1・2期が好評完売した「オーベルジュコート南星田」に待望の3期が新登場!|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【1・2期が好評完売した「オーベルジュコート南星田」に待望の3期が新登場!

こんにちは、野村工務店です。
今回は注目の新規物件オーベルジュコート南星田3期」をご紹介いたします!

 

1期の7邸、2期の10邸がご好評をいただき、完売が続いた「オーベルジュコート南星田」。別荘地にあるコテージのような外観と、自然をモチーフにした統一感のある街並みというコンセプトを引き継ぎ、待望の3期が新登場いたします!

 

1枚目の写真は1期の街並です(販売済)。大きな三角屋根と木目を生かした外壁、自然石を使ったアプローチなど、それぞれの邸宅が持つ個性と存在感に魅力を感じていただいたお客様もたくさんいらっしゃいました。

 

2枚目と3枚目は2期の写真。一見すると平屋建ての別荘のようにも見えますが、実は丘陵地の地形を生かして2階に玄関やリビングを設けたモデルハウス邸宅です。天窓のある明るいリビングがご好評をいただきました(販売済)。

 

オーベルジュコート南星田3期」はこうした人気のポイントを受け継ぎ、限定3邸の分譲となります。第3期の場所は、1期・2期とも近接する星田の丘陵地。星田駅まで徒歩約15分、教育施設やスーパー、病院など生活施設も徒歩圏に揃った暮らしやすいエリアです。

「オーベルジュコート南星田3期」の詳細はホームページにて間もなく公開予定!

ご興味のある方はお早めにお問い合わせくださいね!

ぐっすり眠りたい! 良質な睡眠のための寝室づくりのポイントとは?|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【ぐっすり眠りたい! 良質な睡眠のための寝室づくりのポイントとは?】 
みなさんこんにちは、野村工務店です。
エアコン無しでは眠れない日々、酷暑の夏が続きますね…。
でも、良質な睡眠のためにはエアコン以外にも寝室そのものにも大切なポイントがあります。
ぐっすり眠れる寝室づくりのヒントモデルハウスなどのお部屋を例にご紹介しましょう♬

 

●寝室の方角・位置
LDKや浴室、トイレなどから離れた独立性が高い位置が理想的。
朝型のライフスタイルの方は朝日でスッキリ目覚められる東向きの窓がおすすめ。敷地の方角や日当たりを考慮して、寝室の位置を決めましょう。

 

●窓の位置
ベッドヘッドの上に窓があると、冬場に冷気が伝わり睡眠の妨げになります。上部に設ける場合は小さな窓にすれば寒さを防げます。
朝日を取り入れたい場合やバルコニーとつながる大きな窓がある場合はベッドから離れた位置に設けましょう。

 

●天井の高さ
寝室の天井が高いとベッドに横になった時に高さが気になって落ち着かないことも。
屋根の傾斜などで天井が低い部屋を寝室にする、天井面を暗めの色にして実際よりも低く感じさせるようするといった工夫も考えてみましょう。子ども部屋ならロフトをベッド代わりにしてもいいですね!

 

●照明
ベッドに横になった時に直接光源が目に入らない位置に設置しましょう。シーリング照明やダウンライトはベッドの位置を考慮して配置しましょう。コーブ照明(天井を照らして光を拡散する照明)、スタンドライトなどの間接照明もおすすめ。

 

●温度・湿度
エアコンの風が直接体に当たらないよう、エアコンとベッドの位置をあらかじめ決めておくことが大切です。また湿度も体感温度を大きく左右しますので、調湿・消臭効果のある漆喰(しっくい)の壁材や天然の杉板を使うことともおすすめです。

 

●カラーコーディネート
寝室のインテリアはアースカラーや緑など、リラックスできる色でまとめると気持ちが休まり寝付きやすくなります。こげ茶やグレー、濃い紫などダークな色を選ぶと高級ホテルのような雰囲気を演出できますよ♬

モデルハウスでは、ぐっすり眠れる寝室づくりも考えながらチェックしてみてくださいね♬

これなら夏休みの宿題もはかどる!? ワクワクする素敵な子ども部屋のヒント|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

【これなら夏休みの宿題もはかどる!? ワクワクする素敵な子ども部屋のヒント】

みなさんこんにちは、野村工務店です。
夏休み真っ最中ですね、お子様たちの宿題は進んでいますか?
今回は「子ども部屋のつくり方」について、いくつかヒントをご紹介いたしましょう。勉強がはかどる部屋づくりが実現できるかも!?

 

その1、まるで秘密基地みたい! ロフト付きプラン

空間をムダなく活用するために、傾斜天井を活かしたロフト付きの部屋は「秘密基地みたい!!」とお子様にも大人気♬ はしご階段を2つ用意しておけば間仕切りも可能!

 

 

その2、将来は個室に間仕切りできる可変性

小学校高学年から中学生くらいになり思春期を迎えると、落ち着いて勉強するためにも個室空間が欲しくなります。小さなときは兄弟や親子でゆったり過ごした部屋を「間仕切り」で個室空間に変更できる“可変性”を持ったプランも人気。あらかじめドアを複数用意しておけばロフト付きの部屋でも間仕切りすることができますし、3人兄弟でも3つのドアがあれば3室に変更可能です!

 

 

その3、趣味をいかしてコーディネート♬

たとえば、「サッカー好きの男の子の部屋」、「レゴ大好きキッズの部屋」、「オシャレ女子の北欧テイストの部屋」など、趣味や好きなテイストをいかしたコーディネートも楽しいですよ! あれこれ考えていると、自分も子どもに戻りたくなってしまうかも!?

 

モデルハウスではお子様もご一緒に、「子ども部屋」づくりを想像しながらチェックしてみてくださいね♬

イマドキの和室プラン、ぐっと価値を高める工夫のポイント3|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

みなさんこんにちは、野村工務店です。

新居の間取りを考える際に「和室をつくるかどうか?」と悩む方も多いようですね。
野村工務店では、現代のライフスタイルにマッチした、価値のある「イマドキ和室」をご提案しています!

その1動線の工夫

玄関とLDK、それぞれに出入りできる動線上に和室を設ける「回遊和室」プランなら、リビング側扉を閉めれば客様をもてなすパブリックスペースとして、開ければ家族がくつろぐプライベートスペースとして、多目的にお使いいただけます! 来客にはLDKの生活感を見せたくないケース、両親や友人にもお泊まりいただきたいといったケースでも柔軟に対応できます。


その2つなげ方の工夫

LDKに隣接した和室をつくる場合、小上がりにしたり、リビングの一角を畳コーナーにしたりとつなぎ方を工夫することで「普段使いができる」和の空間が実現できます。キッチンカウンターの高さと揃えた「小上がりの和の空間」はオシャレな小料理屋さんのよう。段差をつくることで、畳に寝転がっても目線が下がりすぎないところも、フローリングとの融合のポイントです。

その3デザインの工夫

たとえば、フチのない琉球畳と白木の建具を使えばナチュラルテイストのインテリアにもマッチしてシンプルな和室も実現できます。モダンテイストのインテリアなら、黒の床の間にオレンジ色の建具というコーディネートも印象的。格子の引き戸を使ってリビングの一角に、完全独立型の畳コーナーを設置することもできます。

常識にとらわれずに工夫を加えることで、価値のある和室はつくれるのです! モデルハウスでは、「和室」のチェックもお忘れなく♬