野村工務店オフィシャルブログ

こだわりの施工方法で「フラットバルコニー」を実現させました!|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

野村工務店のこだわりでもある「フラットバルコニー」。

その施工方法をご紹介いたします。

 

前回も(http://www.nomura-k.co.jp/official/?p=1156)少しご紹介したように、2階にバルコニーを設ける場合には、防水上の観点からバルコニー床面とサッシに120mm以上の立ち上がり、段差を設ける必要があります。イラストにもあるように、一般的な施工方法の場合は居室とバルコニーの床面が同じ高さなので、高さ120mmの壁のような段差が生じてしまいます。

 

 

野村工務店がとった解決策は、バルコニーの床面をあえて下げるという方法。ベースとなる床面を下げることで防水対策をクリアし、その上にデッキ面を二重床のように貼ることで、居室の床面とも高さが同じになる「フラットバルコニー」を実現させました。

 

 

 

もちろん手間やコストもかかるのですが「それ以上に得られるメリットのほうが大きい」。私たちはそう考え、ご提案をさせていただいています。

 

「フラットバルコニー」は2階リビングの間取りプランや、フルオープンタイプの窓サッシを組み合わせることで、その魅力が一段とアップします。これまでの施工例を写真でご紹介しておきますね。

 

 

 

生活スタイルに様々な可能性を広げてくれる「フラットバルコニー」。ぜひモデルハウスで体感してください。いまなら「オーベルジュコート香里園末広町」のモデルハウスが見学いただけます! お気軽にお越しくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る