野村工務店オフィシャルブログ

「面」で建物を支え地震にも強い2×4(ツーバイフォー)工法|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【「面」で建物を支え地震にも強い2×4(ツーバイフォー)工法】

みなさんこんにちは、野村工務店です。

地震に豪雨と大きな災害を目にすると気になるのが、住まいそのものの強さです。住宅は構造や工法によっても強度が違います。基本的な知識をおさらいしておきましょう。

日本の住宅建築は、木造・鉄・コンクリートといった素材と構造体によって主に4つの工法に分類できます。さらに、大手住宅メーカーが採用するプレハブ工法を合わせると5種類に。このうち、一戸建て住宅で主流となるのは在来工法(木造軸組工法)ツーバイフォー工法(木造枠組壁工法)です。

●在来工法(木造軸組工法)の特徴

日本の伝統的な建築方法で、柱と梁、筋交いといった、縦・横・斜めの軸によって建物の構造体をつくります。

 【メリット】間取りの自由度が高く、狭小地や変形敷地でも建築しやすい工法です。他の工法に比べると費用を抑えることができます。

 【デメリット】大工さんの技術によって品質にバラツキが出ることも。鉄やコンクリートに比べると、柱のない大空間や全面開口などの設計にはあまりむきません。木材は水分に弱いため、しっかりした防水対策が必要です。

 

●2×4(ツーバイフォー)工法(木造枠組壁工法)の特徴

北米で最もポピュラーな工法で、主に使用される木材のサイズが2インチ×4インチであることから。2×4(ツーバイフォー)工法と呼ばれています。規格化された部材でパネルをつくり、床・壁・天井の「面」で建物を支えるのが特徴です。

 【メリット】しっかりした箱型構造のため、地震の揺れが分散されて構造体を守れます。「面」を組み合わせることにより、高い気密性・断熱性が得られ、快適な室内環境がつくれます。規格化された合理的な工法なので工期が比較的短く品質が均一に保てます。

【デメリット】壁によって耐震性が確保されているため、リフォーム時の間取りの変更や大きな開口などに制限があります。

 

野村工務店が手掛ける一戸建て住宅では、そのほとんどが2×4(ツーバイフォー)工法を採用。使用する木材のために専用プレカット工場も所有し、高品質の家づくりを実現しています。構造や木材など、詳しいご案内をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る