野村工務店オフィシャルブログ

注文住宅を建てる前に知っておきたい、土地探しの注意点とは?|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【注文住宅を建てる前に知っておきたい、土地探しの注意点とは?】

 

こんにちは、野村工務店です。

「注文住宅を建てたいのだけど、土地探しは大変そう、難しそう…」という方もたくさんいらっしゃいます。

今回は不動産ポータルサイトやチラシなどで土地を探す際に、知っておきたい基礎知識をご紹介いたします。

 

まず、よく目にする「用途地域」や「建ぺい率」、「容積率」…といった用語ですが、その意味はご存知でしょうか?

 

「用途地域」はエリアごとに建物の種類やその用途を定めたもので、第一種住居地域、商業地域、準工業地域など12種類に分けられます。

たとえば低層住居専用地域は閑静な住宅街ですが、商業施設が建てられないので買い物が不便になる可能性も。
逆に商業地域や工業地域は住居以外の利便性が優先されますので、周辺にどんな施設があるのか現地でのチェックが重要になります。

 

「建ぺい率」、「容積率」はその土地に建てられる建物の大きさを定めるもので、「用途地域」によってその数字は違っています。

たとえば100㎡の土地が「容積率100%、建ぺい率60%」なら、床面積は最大60㎡で、延べ床面積が100㎡までの家が建てられます。2階建て住宅なら1階が60㎡、2階が40㎡の家となります(図を参照ください)。

このほかにも「高さ制限」や「北側斜線制限」など、建物の大きさや形を制限する法律もあります。

法規上の制限は「SUMAIパレット」でも詳しくご紹介していますので、参考にしてください!

 

もうひとつ注意したいのが、最近増えている「古家付き」土地です。

空き家となった古い建物が残ったまま売り出されているもので、新しく注文住宅を建てるためには建物を解体する必要があります。

 

通常、解体費用は土地を購入する側の負担となります。(その分、割安な価格設定となっているケースもあります)

 

イメージしている建物が建てられるかどうか?

古家の解体にどれくらいの費用がかかるのか?

 

土地選びに不安や疑問を持たれたのなら、ぜひ「野村工務店注文住宅チーム」にご相談ください!

住宅と不動産のプロが、お客様に寄り添ってご提案させていただきます!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る