野村工務店オフィシャルブログ

Our minpaku “Concept House Hoshida” was broadcasted on a TV show ! Nomura Koumuten, Osaka Pref.

カテゴリ:コラム, 私たちについて

【Our minpaku (lodging place) “Concept House Hoshida” was broadcasted on a weekly TV program !】

Many of you must be familiar with the term “minpaku”.  What about “minBAKE” ?
It’s a shortened term for “minpaku vacation rental”.  (As Japanese language lacks “v” sound, we say “bake” instead of “vac”.)

The popularity of minpaku nationwide opens opportunities for new services such as “minbake” – more luxurious and “vacation-like”, compared to the regular inexpensive minpaku, yet still remains financially reasonable compared to the hotels.  Some are even better than hotels; they have larger spaces and better equipments, and give the customers to somewhat domestic feeling – as if you were spending time of vacation at your favorite villa in resort area.  Some trend-setters on the internet and media are already using the term nowadays.

Our Concept House Hoshida was introduced as one of such still rare “minbake” places.

The show was on March 6th, at ABC Asahi Broadcasting channel called “Mr. A’s story”.  (‘A’ stands for the name of the host, a well-known comedian group ‘Ameagari’.)  They said that the year 2018 to be the “dawn of true minpaku era”, as the regulation passing in June invites a lot of newcomers to join the market.  The TV personality Mr. Ujihara of ‘Rosanne’ (another famous comedian group) visited Concept House Hoshida, exploring room by room, and the camera was following him.

Concept House Hoshida was originally designed as a show-house for our pre-customers to see and experience the construction in real.  It is a mansion with a large living room, an easy-to-use island kitchen, a comfortable Japanese room, and 4 bedrooms, where up to 10 people can stay.

When we hear the word ‘minpaku’, we automatically assume the visitors would come from abroad (as introduced on the program).  However, that’s not always the case for us, and there are many domestic visitors as well, such as a group of college students having private parties – cooking together, feasting, and talking all night in a big home just this weekend, without their parents’ knocking on the door to keep quiet and to go to bed already.

Last but not least, there are charms besides the building; several cherry trees are standing beside it where you can enjoy ‘hanami’ in the spring.  There are many nice viewing ‘hanami’ spots here in Hoshida, so how about some cherry-blossom viewing, then a banquet afterwards at Concept House Hoshida ?

Concept House Hoshida is located just 2 blocks away from Nomura Koumuten head office.  You can take JR Gakken-city line, off the train at “Hoshida” station, and take a nice 5-minute walk, straight from the station.  There is a supermarket nearby, so you can decide whether to go to restaurant, or prepare your own dinner in the big kitchen.

The reservation status is placed in the “vacation rental” at “Ikkyu.com” as high-quality accommodations. https://www.ikyu.com/vacation/00050404/

Airbnb:
https://www.airbnb.jp/rooms/17813140?s=Bi4WFCo-

If you are planning to build your home-sweet-home here in Kansai are, we Nomura Koumuten might be your solution.  We have many show-houses where you can visit.
http://www.nomura-k.co.jp/ (Japanese only)
https://www.instagram.com/nomura_koumuten/

民泊施設「コンセプトハウス星田」がテレビ番組で紹介されました★|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

カテゴリ:コラム, 私たちについて

【民泊施設「コンセプトハウス星田」がテレビ番組で紹介されました★】

みなさん、“民バケ”という言葉はご存知でしょうか?
「民泊バケーションレンタル」の略で、民泊施設の中でも豪華な別荘や邸宅タイプの施設を利用してバケーションを楽しむスタイルや、リゾート気分を味わえる宿泊施設のことを“民バケ”と呼んでいるそう。ネットや一部のマスコミでも使われ始めている言葉のようです。

実は、野村工務店がプロデュースする宿泊施設「コンセプトハウス星田」が“民バケ”としてテレビ番組で紹介されました!

放映は3月6日、ABC朝日放送の「雨上がりの「Aさんの話」。「2018年は民泊元年」というテーマの中で紹介いただきました。取材当日はロザンの宇治原さんにも来訪いただき、「コンセプトハウス星田」のお部屋をじっくりご覧いただきましたよ♬

「コンセプトハウス星田」は、もともと野村工務店の住まいづくりを実際にご覧いただける常設モデルハウスとして建築した邸宅です。4LDKの大型住宅で、間取りや設備もハイグレード仕様、4つのベッドルームをもち10名様までの宿泊が可能。

番組でも紹介いただきましたが、海外や日本各地からの観光客以外にも「地元グループのお泊まり女子会」といった利用もたくさんあります!


これからのお花見シーズン、「コンセプトハウス星田」の前には桜の大木があるほか、星田周辺はお花見スポットも点在しているので、「邸宅でお花見宴会」はいかがでしょうか♬ 場所はJR学研都市線「星田」駅から徒歩約5分で野村工務店本社のすぐそば。近くには大型スーパーもあり、食材やお料理の買い出しにも困りません。

予約状況は高級宿泊施設の予約サイト「一休.com」の“バケーションレンタル”情報にも掲載されています。https://www.ikyu.com/vacation/00050404/

Airbnbのページはこちらです。
https://www.airbnb.jp/rooms/17813140?s=Bi4WFCo-
野村工務店の住まいをご検討されている方には、実際の家を体験していただけるスペースでもあります。たくさんの皆様のご利用をお待ちしております!

花粉症対策に有効! 「インナーバルコニー」のある住まい|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

カテゴリ:住まいのノウハウ

【花粉症対策に有効! 「インナーバルコニー」のある住まい】

桜のつぼみも大きく膨らんできました♬ いよいよお花見シーズンですね!

でも、花粉にPM2.5…、アレルギーを持つ方にはつらいシーズンでもありますね(涙)。

今回は、花粉やPM2.5対策にも有効な「インナーバルコニー」のご紹介です。

花粉症対策のひとつは「家の中に花粉を持ち込まない」こと。

「インナーバルコニー」とは文字通り、室内にバルコニーのような空間を設けたプランなので、時間や天候を気にせず洗濯物を干すことができ、花粉をシャットアウト可能です! 

写真は既に販売が終了した邸宅に設置したインナーバルコニー。こちらのお住まいでは大きな窓に加えて天窓を配置して、風通しと採光にもこだわりました。室内には洗濯物を干せるレールを設置、天窓は雨が降ると自動的に閉まってくれる優れものです!

また、この邸宅は洗濯機置き場やクローゼットがすぐ横ある間取りプランにしましたので、洗う、干す、アイロン掛け、たたむ、仕舞うという一連の作業がとてもスムーズに行えます。インナーバルコニーお子さまの遊び場としても使えますので、子育てファミリーの方にはとても人気です♬

さらに、野村工務店の標準仕様である「しっくい壁」は吸湿、消臭効果も持っていますので、洗濯物も乾きやすくて部屋干しの匂いも気にならない、と好評です。

マイホームづくりのアイデアのひとつに「インナーバルコニー」も加えてみませんか?

オーベルジュコート香里園末広町、最終分譲モデルハウスが完成!|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

カテゴリ:建築実例, 販売キャンペーン・イベント情報

【オーベルジュコート香里園末広町、最終分譲モデルハウスが完成!】

みなさん、こんにちは。
香里園駅から徒歩12分、眺望が開けた高台の街、全19区画の大型分譲地「オーベルジュコート香里園末広町」ですが、いよいよ最終分譲となる2号地邸宅が完成いたしました! 南向きの開放的なリビングを持つ邸宅は題して「ひだまりリビングの住まい」。
その一部をご紹介いたしましょう♬

まず1階、リビングの南面には大型のサッシを配置して、光と風が吹き抜けるゆとりの空間に。南面に広がっているのはアウトドアリビングとしても活用できるウッドデッキです。
隣接する和室スペースはお庭の駐車スペースとも接しているので、掃出窓をあけると雨に濡れずに荷物の出し入れができて便利!

キッチンには明るい窓と豊富な壁面収納もご用意しました。石畳を敷いた玄関ホールは奥行きが深くホテルのエントランスのような雰囲気…♬ 土間のような空間もぜひチェックしてみてください!

2階は、3つの居室すべてが南面に窓を持ち通風採光も良好で、南面には2ヵ所にバルコニーを設置。洗面&浴室も2階に設けていて、屋根付きの物干しスペースが目の前にあり家事動線もラクラクです。収納は大型のウォークインクローゼットに加えて、収納式階段を使った小屋裏収納も設置しています!

明るく開放的、暮らしやすさに工夫を凝らした住まいに仕上がりました!
春の一日、「ひだまりリビング」の心地よさを、ぜひ現地で体験してみてください♬
http://www.nomura-k.co.jp/shintiku/suehiro6/

枚方市「ABCセンター」の「ふぉーの店」に行ってきました! |大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

カテゴリ:私たちについて

枚方市「ABCセンター」の「ふぉーの店」に行ってきました!

みなさん、枚方市香里ヶ丘の「ABCセンター」に2月23日オープンした「ふぉーの店」にはもう行かれましたか?

ベトナムを代表する米粉麺の優しいお料理ふぉー」。野村工務店にはベトナム人の従業員が活躍していたり、プレカット工場ではベトナムからの技術留学生が学んでいたりと、ベトナムとのご縁が深いことから実現した野村工務店プロデュースのふぉーの店」。

先日、私たちスタッフもランチに行ってきました!

米粉の麺は湧き水を使った自家製麺で、メニューにはアサリや海鮮などオリジナルふぉーもたくさん。そのなかで、店長のオススメは「ふぉー・がー(鶏のふぉー)」と「豚の角煮ご飯」のセット(税込 980円)。

いただいてみると、予想以上にあっさりした優しいスープに肉厚の鶏肉、パクチーやスライスオニオンなどシャキ&サク食感の野菜がたくさん♬。付け合わせの唐辛子やライム、テーブルにある薬味でちょっとずつ味を変えながら楽しめるのがポイントですよ♬

角煮ご飯は煮卵入りで、こちらもクセになりそうな味付け。「ふぉーの食べ方」とベトナム調味料の入れ方は、それぞれテーブルに置いてあるので初めて食べる方でも大丈夫です! ベトナムビールや一品料理も揃っているので、ぜひみなさんも本格「ふぉー」を味わってみてくださいね!

ABCセンターは野村工務店が運営から管理までを行っており、テナントも募集中です。
外壁の壁画は女性ペイントアーティスト・オノルイーゼ(小野留依聖)さんの作品。ご興味のある方は、ランチを兼ねて見学にいらしてくださいね!

●「ふぉーの店」
住所:大阪府枚方市宮之下町7-22 (ABCセンター内に無料駐車場あり)
電話番号:072-894-8137
営業時間:11:00-21:00  定休日:無休

「土間」のある住まい、その魅力とは?|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

カテゴリ:家づくりのこだわり

【「土間」のある住まい、その魅力とは?】

こんにちは、野村工務店です。
みなさんは「土間」をご存知しょうか?
玄関に続く室内空間で床が土や石畳でつくられたスペース、古い日本家屋には一般的に存在していた空間ですね。最近、屋内と戸外をゆるく繋ぐ空間として、「土間」への注目度が上がっているようですよ♬

自転車やバイク、サーフボードなどの趣味のアイテムを雨風にさらさずにしまえる空間として、またガーデニングやDIYが趣味の人にはワークスペースとして活用しているケースもあります。

また、ご近所のママ友たちが集う“ホッとスペース”にしたり、ベビーカー置き場としたりと、子育てファミリーのユーティリティ空間としての使い方も。子どもたちにとっては雨降りでも遊べる憩いの場としても使えそうですね♬

野村工務店でも施工事例がいくつもあります。
たとえば「日和−BIYORI−南星台3丁目の8号地。
玄関と一体になった土間スペースには自転車も置くことが可能。土間に続く「通り土間」は、奥の和室への続く渡り廊下とも接した趣のある空間です。中庭の緑を愛でたり、四季の移ろいを感じる縁側的な使い方もできそうです!

注意点は冬場の冷えへの対処法。床暖房やストーブの併用、土間空間との間仕切りを設けるなど断熱性も考慮して設計を進めましょう。
土間」にご興味をもたれたなら、野村工務店にお気軽にご相談ください★

「日和−BIYORI−南星台3丁目」8号地の詳細はこちらです。
http://www.nomura-k.co.jp/shintiku/nanseidai/roomplan.html

スタッフ紹介 インテリアコーディネーターの小松愛です|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

カテゴリ:スタッフ・職人紹介

スタッフ紹介 インテリアコーディネーターの小松愛です

野村工務店のスタッフ紹介、今回はインテリアコーディネーター課の小松をご紹介させていただきます。

  • 自己紹介をお願いします!

こんにちは、小松愛です。学生時代には建築学科で学び、野村工務店には4年前に新卒で入社しました。それ以来インテリアコーディネーターとして勤務しています。

  • 普段の仕事の様子は?

担当している仕事は、自由設計で建築される邸宅の内装素材や仕様インテリアやファブリックをコーディネートすることです。お客様との打ち合わせは週末が中心になり、平日は打ち合わせのための準備やコーディネートの手配などを進めています。課には5〜6名の仲間がいますが、一緒に施工現場やショールームを見学したりして、相談や情報交換をしながらコーディネートプランを作っています。

  • 仕事を進めるなかで大切にしているのは?

お客様のご要望をお聞きするはもちろんですが、ご自分でイメージできていないことを引き出すことを心がけています。「どんなテイストにしたらいいかわからない…」というケースもありますが、そんな時はお手持ちの家具を見せて頂いたり、施工例の写真を見て頂ながら、お気に入りのテイストをご一緒に探していきます。

  • 心に残っている仕事は?

担当させていただいたお客様に非常にご満足いただき施工事例としてウェブサイトやチラシにも掲載させていただいたんです。ご満足いただいたことも嬉しかったのですが、さらに写真をご覧になった方から「同じようなコーディネートをしてほしいとご要望いただいたケースがあって、とっても嬉しかったです!

  • 休日の過ごし方は?

どちらかと言えばインドア派です(笑)。インテリアと洋服が大好きなので、家具ショップを回ったり、おしゃれなカフェに出かけたりしています。最近は一流ホテルのインテリアコーディネートを勉強したくて、カフェやラウンジ巡りをしています♬

  • 最後にお客さまへのメッセージを

ご自宅に帰ってきた時にホッとできる、くつろげる住まいづくりのお手伝いをしてきたいと思っています。頑張りますので、よろしくお願いいたします!

全棟完成した「中庭HOUSE住道」、その開放感の秘密とは?|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

カテゴリ:家づくりのこだわり

【全棟完成した「中庭HOUSE住道」、その開放感の秘密とは?】

みなさん、こんにちは。
家の真ん中にシンボルツリーがそびえ立つ、新スタイルの3階建て住宅「中庭HOUSE住道全9棟が竣工し、その全貌が姿を現しました!

「中庭HOUSE住道」は、外部から家の中が見えないようすっぽりと箱のように覆われた外観と、家の中心に設置した中庭が特徴の都市型住宅。外からの視線を気にする必要がなく、だけど空からの優しい光を感じてリラックスできる空間が自慢の邸宅です!
実際にリビングから中庭を眺めると、その開放感に驚かれる方も多いですよ♬

想像以上の開放感をもたらしてくれる秘密は何だと思いますか…?

実は「」の違いがポイントのひとつ。
通常の住宅では、窓枠の上には「まぐさと呼ばれる横の部材があること、さらに窓自体のフレームや鍵などの部品が視界を遮ってしまうのでスッキリしません。

中庭HOUSE住道では窓に合わせて構造体を変更する設計の工夫により、まぐさがなく窓が天井面まで届く開放的なリビング空間を実現しました(写真の①)。

また、一部のサッシには3枚連動引き窓タイプを採用。この窓は、閉めたときにはフレームが窓枠の中に仕舞い込まれる隠し框構造」(写真の②)、施錠時にも取っ手や鍵の金具が表に出てこない戸先鎌錠」の採用など(写真の③)、広々とした開放感をもたらす工夫が随所に! 水密性も高いので、足元の段差がないフラットバルコニーも実現できました♬

 

それぞれの土地形状を活かした9邸には、「窓」のほかにも快適な暮らしをお届けするための様々な工夫を凝らしています。ぜひ、現地でチェックしてみてください!

最寄り駅はJR学研都市線「住道」駅、駅からは徒歩10分と通勤や通学にも利便性の高い場所。完成記念内覧会は随時受付中、お気軽にお問い合わせください★

http://www.nomura-k.co.jp/shintiku/suminodo/

人気上昇中! 薪ストーブの魅力を体験してみませんか? オーベルジュコート星田9丁目9期|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

カテゴリ:家づくりのこだわり

人気上昇中!薪ストーブの魅力を体験してみませんか?オーベルジュコート星田9丁目9期

暦の上では春となりましたが、まだまだ厳しい寒さが続きますね…。
この時期、注目を浴びているのが薪ストーブ!
書店さんには「薪ストーブ入門書」がたくさん並んでいるのをご覧になった方もいるのでは?

薪を燃やす炎は遠赤外線の効果によって体も温めてくれますし、揺らめく炎を観ていると気持ちまで温かくなりますよね。また、ピザや煮込み料理などを楽しめる調理器具として使える点も人気の要因のようです。薪ストーブがあると、冬の到来が楽しみになるそうですよ!

薪を焚く暖房といえば、暖炉をイメージするかもしれませんが、薪ストーブと暖炉とでは仕組みが大きく違っています。扉がなく開放された暖炉は“焚き火”を室内でしている状態と同じですが、薪ストーブは密閉された“火室”の中で薪を効率的に燃焼させる点がポイント。ストーブの中に送り込む空気の量を調整することで火力をコントロールすることができ、煙の量も少なくできる優秀な暖房装置なのです。

実は野村工務店でも「薪ストーブ付き」の住まいを販売中です。
オーベルジュコート星田9丁目9期6号地、建築家・秋岡勉氏による設計の邸宅は「山小屋風の暖炉のある家」がコンセプト。薪ストーブの設置を前提にした設計なので、三角の大屋根にレンガ造りの煙突がある外観が特徴です♬

先日は薪ストーブ体験会も実施し、お料理も楽しんでいただきましたよ!
冬のこの時期にこそ実際にご覧いただきたい住まいです、お気軽にお問い合わせください!

星田9丁目9期6号地
http://www.nomura-k.co.jp/shintiku/hoshida9-9/roomplan.html

「薪ストーブ」についてはSUMAIパレットのこちらの記事も参考に♬
http://nomura-k.co.jp/sumaipalette/?p=845

野村工務店で建てたお住まい拝見!自宅サロンを楽しむ家|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

カテゴリ:建築実例

野村工務店で建てたお住まい拝見! 自宅サロンを楽しむ家

今回は、フェイシャルエステのサロンを兼ねたお住まいを完成されたS様邸をご紹介いたしましょう。

ホームパーティーがお好きなS様のご新居は、1階をパブリックスペース2階をプライベートスペースと役割を分け、お客様をお招きすることを考えた間取りプランがポイント。

リビングには間接照明を取り入れて空間に奥行きを出し、ダイニングとの間にはフルオープンのスライドドアを設置して、来客時にはキッチンを見せない仕掛けに。洗面所はお客様にも気持ちよく使ってもいただけるようにスッキリと清潔感が溢れる空間にされました。

お菓子作りが大好きで元エステティシャンの奥様は、当初は専業主婦として生活しておられましたが、ご主人が「自宅でエステサロンをやって、お客様にお菓子を出してみたら?」とすすめてくれて開業を決意。リビングの一角を使ってサロンコーナーを開設されました! 居心地のいい空間と奥様自身の魅力から人気が高まり、口コミやブログで着実にお客様が増えているそうです♫

家づくりのもうひとつのテーマが「家事動線のいい家」。2階の主寝室と洋室の間には大きなクローゼットを設置。扉が2つある2WAYのウォークスルー仕様で、持ち物が一か所に集中収納でき、通路も確保されているため出し入れや整理もしやすいそう。「ベランダから洗濯物を取り込んで部屋でたたみ、すぐ収納できます」と、狙い通りの家事のしやすさに大変満足されています。

また、玄関脇には広々としたシューズクロークを設置。ご夫婦の靴やワンちゃんのお散歩グッズなどがたっぷり収納でき、玄関はとてもスッキリ。「花粉症なので、花粉を家に持ち込まないようコート掛けをつくり、ここで脱いで家へ上がれるようにしたかったんです」と奥様。素敵なサロンと、快適で便利なお住まいを手に入れられたS様でした。

野村工務店でマイホームを建てられたご家族の声は、こちらもご覧ください。
http://www.nomura-k.co.jp/voice/