野村工務店オフィシャルブログ

梅雨時のジメジメも軽減、しっくいの持つ調湿機能に注目!|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

カテゴリ:コラム, 家づくりのこだわり

【しっくい壁は梅雨時のジメジメを抑える調湿機能をもっている!】

野村工務店が採用している北イタリアしっくい壁は、その表面にとても小さな空洞をたくさん持つ「多孔質構造」と呼ばれる素材からつくられます。

室内の湿度が高くなると数多くの空洞に湿気を吸収し、逆に乾燥すれば湿気を放出するという優れた調湿機能を持っているのです。まるで息をしているようなので「呼吸する壁」とも言われています。

これからの梅雨時には、ジメジメを抑えて空気を爽やかに保ってくれますし、冬場には結露の発生を抑えてくれる優れもの。しっくい壁の原料である消石灰はカビが苦手とするアルカリ性の性質をもつため、カビの発生を抑える効果もあります。

また、多孔質構造は匂いの元となる物質を吸収&分解する消臭機能も持っています。家のイヤな匂いの主原因とされる4つの物質、硫化水素、アンモニア、トリメチルアミン、メチルメルカブタンを吸着してくれるため、ペットの匂いなども大きく軽減されるのです。

実際にしっくい壁の家で暮らされているお客様からは、「アレルギーに悩んでいた母子の症状がかなり良くなりました」、「ペットの匂いが気にならなくなりました」といった感想もお聞きしますよ。

ぜひ、皆さんにもしっくい壁の魅力をモデルハウスで実感していただきたいと思います!次回はしっくい壁のお手入れについてご紹介いたしますね♪

「しっくい壁」の特長については、こちらもご覧ください。
http://www.nomura-k.co.jp/make/shikkui/

野村工務店のこだわり、「しっくい壁」の塗りわざをご紹介!|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

カテゴリ:私たちについて

【壁にビニルクロスは使いません、北イタリア漆喰(しっくい)を使います】

野村工務店は「脱 ビニルクロス宣言」を行っています。

新築住宅の内壁材にはビニルクロスを使用せずに、北イタリア漆喰(しっくい)を使った塗り壁を採用しているのです。

しっくいを塗る作業には時間と費用もかかり、技術力も必要となります。ビニルクロスは施工も簡単ですが、それでもしっくいを採用しているのは、野村工務店の家で暮らす人々が健康であってほしいという想いから。天然素材しっくい優れた調湿、消臭機能をもち、シックハウスの原因物質も含んでいません火災や汚れにも強い優れた素材なのです。

今日は、呼吸をする壁・北イタリアしっくいの塗り作業を動画でご紹介させてください。野村工務店のご提供する家々が、どうやって仕上げられていくか、じっくりご覧いただければと思います!

 

しっくい塗りはまず下地づくりから始まります。負荷がかかりやすいコーナーは専用の材料で補強したうえで、下地となるパテを2回にわたって塗っていきます。ビス穴も埋めて、コーナーを念入りに塗って、やすりもかけて下地が完成。

いよいよ、その上から「しっくい塗り」を行うのですが、やはり2度に分けて塗っていき、2度目が仕上げ塗りになります。 すべて手作業なので塗りムラもあるかもしれませんが、その自然な風合いも含めてしっくい壁の魅力なのだと思います。しっくい壁の質感を、ぜひモデルハウスで確かめてみてくださいね!

「しっくい壁」の特長については、こちらもご覧ください。
http://www.nomura-k.co.jp/make/shikkui/

野村工務店で建てたお住まい拝見!「大屋根の家」|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

カテゴリ:建築実例

【シルムノイエってどんな家? 購入者にお聞きしました】
今日は、大屋根の家「シルムノイエ」スタイルで自由設計の住まいを建てられたO様邸をご紹介します。

以前は当社のモデルハウスにお住まいだったO様。お子様の成長を機に住み替えを検討され、大屋根のある「シルムノイエ」スタイル(http://www.nomura-k.co.jp/official/?p=1257)の住まいを自由設計で建てられました。

O様邸の外観は大屋根とコニファーのシンボルツリーが目立つ特徴的な住まいですが、室内プランも個性的です。大屋根の構造をいかし、LDKは大きな吹き抜けと2階へのスケルトン階段を持つ大空間。ソファのあるリビングスペースは段差を設けたスキップフロアとなっています。

「段差15cmの階段に子供達が仲良く座っている姿を想像して作りました」と話されるO様。LDKの中心には広いカウンターがあり、お子様にはスタディコーナーとして、そしてご夫婦にはお酒を楽しむためのBarスペースとして活用されているそうです。

ダイニングから2階へ続く階段スペースの上は大屋根を感じさせる勾配天井です。2階の明るくて広い子ども部屋には、大容量のフラット小屋裏収納を設置。これも大屋根がもたらすメリットのひとつといえるでしょう。

このほか階段下や玄関脇をいかして効率的に収納スペースも設け、快適性と機能性を兼ね備えたプランに仕上げられています。「将来は平屋暮らしが夢」というO様の憧れも叶えられるお住まいとなりました。

野村工務店でマイホームを建てられたご家族の声は、こちらもご覧ください。 http://www.nomura-k.co.jp/voice/

大屋根の家「シルムノイエ」スタイルを採用した住宅も多数登場!|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

カテゴリ:コラム, 住まいのノウハウ

【大屋根の住まいシルムノイエが、各地で拡大中!】
野村工務店がご提案する大屋根の住まい「シルムノイエ」スタイル。実際に大屋根の家々が建ち並んだ街が、大阪府枚方市交北3丁目交北公園の横にあります。

総区画48区画の大きな街「枚方シルムノイエ」ですが、ご好評のうちに販売・建築が終了。現在は、空が高く開放感のある街並みが広がっています。「シルムノイエ」がつくり出す住まいの雰囲気をご覧になりたい方は街を歩いてみてください。ご案内いたしますね!

また、現在分譲中の新築物件の中にも「シルムノイエ」スタイルは増加中。 例えば「オーベルジュコート東倉治funfunの家」にも、大屋根を採用した個性的なプランの住まいがたくさんあります。 また、販売が開始されたばかりの「オーベルジュコート南星田」は、リゾート地のロッジのような「シルムノイエ」プランが並ぶ個性的な建売スタイルの分譲地です。植栽や川石を用いた街並みにもご注目ください。

今後も、大屋根を採用した「シルムノイエ」スタイルのプランが、続々と登場する予定す。大屋根がつくり出す快適で個性的な住まいを、ぜひモデルハウスで体感してください!

大屋根のある家、「シルムノイエ」をご存知ですか?|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

カテゴリ:コラム, 住まいのノウハウ

【大屋根の住まい「シルムノイエ」のメリットとは?】
「シルムノイエ」とは野村工務店がご提案する、大屋根がある住まいのこと。ドイツ語で「Schirm」「傘」「Neue」「新しい、斬新な」を意味しています。傘のように家を覆い、家族や暮らしを守ってくれる大きな屋根のある住まい、それが「シルムノイエ」スタイルです。

大屋根がもたらすメリットはいくつもあります。 まず外観上では軒(のき)が深くなり、屋根が地面に近くなることで、雨風や太陽の紫外線から外壁の劣化を少なくすることができます。

建物の重心が低くなることは、構造的にも安定感をもたらしますので、地震の際にも倒壊しにくくなります。また、建物が低いことで圧迫感が少ない、空が広くて開放感のある街並みをつくることもできるのです。

一方、建物内部のプラン面でもメリットが生まれます。 例えば、勾配のある天井を生かした吹き抜けの大空間リビングや、天窓を設けたロマンティックな子ども部屋をつくることもできます。見上げると青空や星空を眺められるお部屋は、きっとお子様も喜びますよね! もちろん、勾配空間を活用した「屋根裏収納」を設けることも可能。また室外にウッドデッキを設ければ、リゾート地のバンガロー風の家に仕上げることもできますね♪

大屋根のある住まい、「シルムノイエ」スタイルを、自由設計プランの候補一つに加えてみませんか?

 

野村工務店で建てたお住まい拝見!「2階にリビングがある家」|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

カテゴリ:家づくりのこだわり, 建築実例

今日は、2階リビングの家を野村工務店で建てられK様のお住まいをご紹介します。

マンションにお住まいだったK様のご家族、自由設計にあたって一番こだわったのが2階リビングのプランでした。

2階は小屋裏をなくした高い天井と、大きな開口部から差し込む自然光によってとても明るく開放感のあるLDKとなっています。リビングに面した窓の外にはフラットバルコニーを設置、夏場はプール遊びもできて、子どもたちもお気に入りのアウトドア空間です。

バルコニーはパウダールームともつながっていて、洗濯などの家事動線もとてもスムーズ。オーニングを取り付けたことで急な雨でも安心できますし、窓辺を彩る外観デザインのアクセントにもなっていますね。

また、リビング横の和室も自慢のポイント。ベンチ代わりに座るのにちょうど良い高さの段差を設け、その段差で生まれた空間は収納スペースとしています。「収納力がかなりあるので季節物などはこの中に。お部屋が物であふれことがなくなりました」と奥様。

キッチンは広々としたオープンキッチンを採用。キッチンカウンターのタイルは爽やかな色のモザイクタイルを貼り、部屋のインテリアの決め手になっています。モザイクタイルの種類やカラー、奥にあるステンレス棚など、全て奥様が決められたそうです。

「冷蔵庫横にはパントリーがあり、収納力も抜群なんですよ」と奥様。

収納スペースは1階の階段下にも設置。こちらにはアウトドア用品やスーツケースなど大きくて、かさばる物を収納されているそうです。また、駐車スペースはドアともつながっていて、荷物の出し入れをする時は雨にも濡れず便利だそうです。

快適性と機能性を兼ね備えた、理想的なマイホームを建てられたK様でした。

野村工務店でマイホームを建てられたご家族の声は、こちらもご覧ください。
http://www.nomura-k.co.jp/voice/

海外からのスタッフも参加、プレカット工場がリニューアル!|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

カテゴリ:私たちについて

みなさん、「プレカット工場」ってご存知ですか?

最近の住宅建設は、現場ですべての材料を加工するわけではありません。それぞれの住宅の設計や構造にあわせ、多くの木材を事前に加工して現場で組み立てていきます。その、木材加工を行う工場「プレカット工場」です。

実は、野村工務店は2×4住宅建築用の木材加工を行うため、大阪府豊中市に自社専用の「プレカット工場」を持っています。自社工場があれば、直輸入した大量の木材を自ら加工することで、ローコストで高品質な建築部材の供給が可能になります。そのことが、お客様にご満足いただける住まいづくりの実現へと繋がっているのです。建築資材用に自社工場を持つ工務店はとても珍しいと思います。

そして、先日この工場がリニューアルオープンいたしました。 リニューアルでは、木材カット用加工組み立て用の2つの最新機械を導入。これまで以上に、効率的なカット&組み立て作業が可能になったことと、加工精度を高めることで、より高品質な住まいをお届けすることができるようになりました!

また、4月からは経済成長著しいベトナムからの実習生2名もスタッフの一員に加わっています。野村工務店の誇る技術を学び、母国での住宅建築にいかすために頑張っていますよ!

高い品質を追求する、野村工務店の住まいづくりにご期待ください!

モデルハウスもオープンして好評分譲中! オーベルジュコート長尾駅前|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

カテゴリ:家づくりのこだわり, 建築実例

今回は、先日4月1日にモデルハウスをオープンしたばかりの分譲中物件オーベルジュコート長尾駅前をご紹介いたします。

場所は大阪府枚方市長尾元町5丁目JR片町線長尾駅から徒歩4分の好立地!

通勤はもちろん、ショッピングや子育て、医療などすべてが揃った快適な住環境が自慢です。都会的な暮らし、そして田園風景を眺める心落ち着く暮らしが実現できるエリアでもあります。

建物は日本建築の長所でもある「軒(のき)」深さをデザインコンセプトに取り入れたプランが特長です。深く張り出した軒は、外壁の汚れや風雨の降り込みから住まいを守ってくれるとともに、夏場は日射を遮り室温の上昇を防ぐ役割も果たしてくれます。バルコニーを広く覆うことで、急な雨でも洗濯物が濡れなくて済むので、お仕事を持つ奥様でも安心ですよ♬

また、玄関周りも大きな軒で覆うことで、雨に濡れずに車からアプローチできる「エントランスガレージ」(http://www.nomura-k.co.jp/official/?p=1083)や、自転車を風雨から守る「サイクルポート」も設置しました。

モデルハウスでは、吹き抜けのトップライトから光が入り、風が抜けるリビングルームや、ご夫婦で使い分けられる2つのウォークインクローゼットなど、こだわりの設計プランも実際にご覧いただけます。

オーベルジュコート長尾駅前」は全3区画。皆さまからのお問い合わせも増えていますので、気になる方はまずはお気軽にモデルハウスをチェックしてみてくださいね!

「オーベルジュコート長尾駅前」の詳細はこちらから
http://www.nomura-k.co.jp/shintiku/nagao/

 

「コルドバのパティオ祭」がお手本! 中庭のある住まい|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

カテゴリ:家づくりのこだわり, 建築実例

コルドバのパティオ祭」をご存知ですか?

毎年5月初旬〜中旬にスペインのコルドバで開催されるお祭りで、ユネスコの世界無形文化遺産にも登録されている「パティオ祭」。中庭(パティオ)のある家々で暮らす住人たちが、大切に育てたゼラニウムやカーネーション、ジャスミンなどの鉢植えを白壁に飾って誇らしげにお披露目するもので、美しさを競い合うコンテストでもあります。

町中が花であふれる5月のコルドバは少し暖かいくらいの気温で、世界中から観光客が訪れるそうです。自慢のお庭をたくさんの人に見ていただくことや、訪れる人を喜ばせることができるのは素敵な暮らし方ですよね。

野村工務店でもこのパティオ祭にインスピレーションを得て、中庭(パティオ)のある住まいをご提案しています。

例えば、写真でご紹介するお宅では「エントランスガレージ」(http://www.nomura-k.co.jp/official/?p=1083)の奥、リビングダイニングにも面したお庭には、あえて白くて高い塀を設けることで「パティオ」をつくりだしてみました。外部からの視線を遮りつつ、ガーデニングの楽しみ方にバリエーションを広げてくれるプランとしてのご提案です。壁面で育てた鉢植えに花々が咲き誇れば、コルドバのような素敵な中庭・パティオが完成します。

快適で、永く住み続けたくなる住まいづくりの秘訣は、家の中だけにあるとは限りません。お庭を活かして、暮らしに彩りをプラスしてみてはいかがでしょう。

中庭のある住まいを、野村工務店で実現してみませんか?

北イタリアしっくいを自分で塗ろう! DIYキット「しっけへん」好評発売中|大阪の新築分譲・注文住宅 野村工務店

カテゴリ:家づくりのこだわり

野村工務店のこだわりのひとつが漆喰(しっくい)壁の住まい。

脱ビニールクロス宣言」を掲げ、呼吸する自然素材北イタリア漆喰しっくいを使った住まいづくりを続けて参りましたが、熟練の職人が丁寧に仕上げていく漆喰壁は「結露がない」「カビが生えない」「ホコリが付きにくい」「風合いがいい」と、お客様からもとてもご好評をいただいています!

そこで、野村工務店オススメの北イタリア漆喰をお手軽に体験いただけるように、このたびDIY用パッケージ「しっけへん」を発売いたしました!

関西にお住まいの方ならイントネーションはおわかりなるかと思いますが、湿気がこない漆喰の特徴からネーミングされた「しっけへん」。

カラーはホワイト、イエロー、ブルー、グリーン、ピンク、グレーの6色をご用意。サイズも1kg(900円)、2kg(1,500円)、10kg(4,500円)の3タイプありますので、壁の面積やインテリアテイストに合わせてお選びいただけます。

塗り方はとてもカンタン。チューブからコテにしっくいを載せて壁に塗っていくだけ。少しくらいムラがあっても大丈夫。それが、なんとも言えない風合いを生んでくれます。参考に、DIYで漆喰壁を塗った店舗リフォームのケースをお載せしておきますね。プロじゃなくても、これだけ素敵な仕上がりにできるんです!

最近は“DIY女子”も増えていますし、DIY可能な賃貸住宅も登場しています。漆喰の魅力を、皆さんも体感してみてくださいね!

「しっけへん」はこちらからご購入いただけます。

http://www.nomura-k.co.jp/shikkehen/