ROOMPLAN ルームプラン

NO.4

センターキッチンのある住まい

4LDK+庭

  • 敷地面積/136.69㎡(41.34坪)
  • 延床面積/116.39㎡(35.20坪)
  • 1階床面積/70.18㎡
  • 2階床面積/46.21㎡

1階の真ん中にアイランドキッチンを据え、23.5帖のLDKに続く和室、引き戸でつながった玄関、窓外の庭まですべて見渡せるようにしたセンターキッチンの住まい。
ちょっと、この家での生活を想像してみましょう。

学校や会社から帰ってきた家族がまず入るのは、通り土間のような玄関。ドアを開けた正面に庭へと視線の抜ける窓があり開放的です。
さらに開放感を高めるのが、見上げる天井高。そしてリズミカルに並ぶスリット窓や四角い小窓から注ぐ光の帯です。
玄関とLDKの間にはワイドオープンな引き戸。柔らかな曲線を描くガラスがはめ込まれていて、閉めている時も室内の気配や照明の灯りを感じることができます。

戸を開けると、出迎えてくれるのはキッチンから微笑みかける笑顔とおいしい香り。2階の自室へはキッチンの前を通ってリビング階段から上がります。

続いて、センターキッチンに立つ側の視線で見てみましょう。
白い天板と濃い茶色のカウンターがコントラストを成すキッチンカウンターから、梁の走るリビングに目を向けると、そこに広がっているのはオープンエアに居るような錯覚さえする眺め!

2連のワイドサッシと、2階レベルの天井高を活かした横スリット窓から、野外の風景を見渡すことができ、ほぼ壁一面ガラス張りのような印象です。
白く輝くしっくい壁がたっぷりの陽光をやわらかく拡散し、縦横に視界が広がる大空間をより迫力あるものにしています。
空間の一角が、所々に絵付けタイルを交えたハニカムタイルと、オレンジに色変えした壁で彩られているのもポイント。キッチン前に設けたニッチのオレンジカラーとリンクしています。

キッチンを挟んでリビングと振り分けた和室は、食事の用意の合間に畳の上で洗濯物を畳んだり、赤ちゃんを寝かせたり、便利に使えそう。
その奥の水回りからは、囲いで外からの視線をカットした物干しスペースがあり、家事動線がスムーズです。

2階へ上がると、トップライトで青空を大きくくり抜いた、10帖超の洋室が。
扉が2つ付いているので、お子さまが小さいうちはプレイルームとして使い、大きくなったら空間を2つに分けるというように、家族の成長に合わせてフレキシブルに形を変えることができます。部屋を分けた後のことを考えて、クローゼットも2つ用意しました。

斬新なデザイン空間が目を引くだけでなく、食の空間を真ん中に家族が触れ合い、暮らしを楽しむ姿が思い浮かぶモデルハウス。
ぜひご家族そろって、ご覧になっていただきたい一邸です。

  • 外観

NO.5

アウトリビングのある住まい

2SLDK+アウトリビング+小屋裏収納+エントランスガレージ

  • 敷地面積/85.02㎡(25.71坪)
  • 延床面積/104.12㎡(31.49坪)
  • 1階床面積/56.68㎡
  • 2階床面積/47.44㎡

こちらのモデルハウスの主役は、光あふれる2階リビングと、それに続く10帖超のアウトリビング!家中で一番明るく、心地良いスペースを「家族の居場所」にしたら、自然とこんな空間ができあがりました。

アウトリビングは高い手すり壁に囲まれ、半分屋根におおわれているので、戸外にもう一部屋増えたような感覚。人目や強すぎる陽射しを気にせず、青空を独占できます。
テントやガーデンソファー、カフェテーブルを置いても余裕の広さなので、自宅でグランピングを楽しむベランピングやオープンエアカフェなど、様々に使えそう。
ワイドオープンサッシを開ければLDKとフラットにつながり、内と外がボーダレスな関係です。

ワイドスパンのLDは、対面キッチンのカウンターにロックタイルがあしらわれ、キッチンと向かい合う壁も同様のタイル貼りに。
タイル同士をつなぐように、天井の端から端へ網代のように編まれたラインがスラリと伸びていることで、空間の広さがより強調されます。
ダークブラウンの網代風天井は、アウトリビングの床とカラーがリンク。
さらに白いしっくいや、淡いグリーンの色変えしっくいで彩られたリビングのデザインを引き締める効果もあります。

LDKでもう一点特筆すべきは、小屋裏収納が設置されているということ。季節用品や趣味の道具をまとめて収納でき、スタイリッシュな住空間を常にスッキリと保てます。
さらに、キッチン背後にはゆったりとした洗面所とバスルームが。
洗濯カゴや衣服の仮置き場、作業台として活躍する棚に加え、リネン庫やミニ・ファミリークローゼットとして使える収納が設けられています。
すぐ横が物干し場になっている上に、昇降式の室内物干しも付いているので、洗濯動線が良好なのは言わずもがな。
家事がしやすく、片付けやすい、至れり尽くせりの空間設計です。

ところで、個室のある1階部分はどのようになっているのでしょうか。
実はこのモデルハウス、東側が里道という希少なロケーション。のどかな借景を望むことができ、隣家からの視線も気になりません。
東側の部屋には朝陽がたっぷりと入る窓を配置。実際の帖数以上の広さと抜け感を創出しました。

残る一部屋、壁一面のクローゼットを備えた主寝室にも、ちょっとした仕掛けが。
エントランスガレージに面して窓を設けているため、通りからの視線がカットされる上、車で帰宅した家族の気配を感じることができるのです。

敷地を最大限に活かす設計力で、広く、明るく、快適に。わが家に居ながら、光や風、四季の移ろいをめいっぱい感じられる住まいの魅力をご堪能ください。

  • 外観

NO.6

広々としたリビング、家族向け収納のある住まい

3LDK+ファミリークローゼット+エントランスガレージ

  • 敷地面積/85.02㎡(25.71坪)
  • 延床面積/116.03㎡(35.09坪)
  • 1階床面積/63.04㎡
  • 2階床面積/52.99㎡

雨の日も濡れずに玄関へアクセスできる“エントランスガレージ”を設けたモデルハウス。
前庭としても活躍しそうな風格あふれるガレージの奥には、上部収納棚のあるサイクルポートが。さらにその先は勝手口で、買い物袋を持ったままパントリーへ直行できます。
つまり、ガレージを起点に、玄関と勝手口、2つの動線が用意されているということ。
“動線”こそが、この家の心地良さを決定づけるキーワードになっています。

さて、玄関ホールを抜けてリビングに入ると、すぐリビング階段が。
帰ってきた時に必ず団らんの場を通りながら、リビングやダイニングに居る家族や来客のくつろぎを邪魔せず2階へ上がれる帰宅動線です。
キッチンへもソファーやテーブル周りを横切らずに移動。
さらにL字型のオープンキッチンの背後から、ウォークインタイプの収納庫を通り、ゴミ出しや買物に行ける最短距離のスムーズな家事・生活動線が用意されています。

計算し尽くされたスマートな機能性と対照的に、空間デザインは漆喰や木の風合いを感じさせる温もりに満ちたデザインです。
LDKの壁は白と、木目を活かした茶色の2色使い。床は2階も含めてダークカラーのウォールナットです。ドアやキッチンの天井部はさらにワントーン濃いブラウンで仕上げ、レンガ調のキッチンカウンターや玄関タイルはココア色。
茶系でグラデーションを付けつつ、階段の手すりや照明にアイアンの黒を効かせ、ナチュラルな空間を引き締めています。
外壁の一部やガレージの天井にダークブラウンをあしらった外観も含め、トータルでカラーコーディネートしました。

続いて2階へ。まず注目したいのは白を基調とした清潔感あふれるサニタリースペースです。
広々とした洗面所には、ワイドな鏡と収納を備えた、贅沢なサイズの洗面台。さらには、着替え置き場や作業台に重宝する機能的なカウンターと、たっぷりの収納が。
浴室は驚くほど間口が広くバリアフリーな上に、2階にあることで来客中も気兼ねなく入浴できます。
洗面所脇のサッシを開けるとバルコニーがあり、物干し台まで徒歩1歩。洗濯物を取り込んだ後は主寝室側のサッシから室内へ入れば、ハンガーにかけたままウォークインクローゼットに衣服を仕舞え、手間がありません。洗う、干す、仕舞うまですべて2階で完結する究極の洗濯動線と言えるでしょう。

最後にもうひとつ、動線の工夫を。
LDKや2階居室は、里道のある東側に大きな窓を設け、人だけでなく光と風の通り道も描いています。
内覧の際は、どれほどストレスなく移動できるか意識しつつ、家中を巡ってみてください。

  • 外観

フリーダイヤル:0120-62-5588
(受付時間 9:00~17:00 年末年始・お盆はお休み)
  • 今なら資料請求でしっくいプレート プレゼント
  • 当日でもOK 現地来場予約はこちらから!
  • かんたん1分 無料 資料請求はこちらから

お電話でも受付中! Tel:0120-62-5588
 (受付時間 9:00~17:00 年末年始・お盆はお休み)