野村マガジン ~ 家づくり、暮らしのお役立ち情報ブログ ~ Magazine

ここまでコミコミ!? 3,380万円のモデルハウス登場!|大阪の新築分譲・注文住宅 2019年 10月 24日

  • LINE
  • はてなブックマーク

【ここまでコミコミ!? 3,380万円のモデルハウス登場!】

 

こんにちは!野村工務店です。

モデルハウスOPEN

早くも10月下旬となり、秋の空が高く感じられ、すがすがしい時期になりました。今月OPENした「みなそら街区」には、とっておきの季節となりました!
今回は、その「みなそら街区」に誕生した3号地のモデルハウスについて、詳しく紹介したいと思います。
※野村マガジン「四條畷 -彩-(SAI)に新しい街デビュー」https://www.nomura-k.co.jp/magazine/20190930/ 参照

モデルハウスのご紹介

3号地 間取り図
「みなそら街区」3号地 間取り図

実は、この3号地モデルハウスは、10月より販売をスタートさせている、よりよい家を、より安く、たくさんの方に提供したいと考えた規格住宅「TSUIKA 0(ツイカゼロ)」https://www.nomura-k.co.jp/custom/standard/tsuika0/ 参照)の仕様をベースとし、「みなそら街区」限定プランとして建築されたもの。
外観も「みなそら街区」のためだけのオリジナルデザインとなっており、「オーベルジュコー四條畷 -彩-(SAI)」の街並みに合わせた特別仕様となっています。

3号地 外観

子どもの頃に誰しも一度は描いたことがあるような、シンプルな切妻屋根に、木枠のついた四角い窓のかわいいお家。この外観は、「みなそら街区」限定デザイン。
この3号地以外では、現在2、4、5、6号地にて対応可能となっております。

区画図
「みなそら街区」を区画図で確認!

では、内観を見ていきましょう。

3号地 玄関

奥行きのある土間スペースのある玄関はリビングと直結しています。
また、吹き抜けとスリット階段を組み合わせることによって、明るい玄関が実現。玄関に大きな窓があると明るくていいけど、外から丸見えになるのは困る…。そんなお悩みを解決できる仕様となっています。

選べる土間タイル

玄関土間の床タイルも、木目調にすることでリビングとの一体感が増しますよ。また、「やっぱり玄関は、しっかり玄関として区別したい!」という方には、玄関ポーチにも使用されている一般的な角タイルもお選びいただけます。

3号地 リビング

また、室内のフローリングも6色から選ぶことが可能となっていますので、お客様のお好みのインテリアに合わせたものを選んでいただけます。(3号地モデルハウスはオークを使用しています。)

選べるフローリング

広く感じるのはいいれど、玄関からリビングが丸見えはちょっとな…。そう思われる方も決して少なくはないと思います。そんなお悩みに対応したのが、必要な時に仕切れるパネルスクリーン。しかも、スクリーンの絵柄は、可能な限りお客様の好みのものをオーダーで制作いただけるんです!(ただし著作権フリーのものに限ります。)

3号地 パネルスクリーン

憧れの海外の風景や、北欧調のデザイン、モダンスタイルなど、ただの仕切りとしてではなく、インテリアとして楽しむことができるものとなっていますよ。

では、2階部分もご紹介していきましょう。

3号地 インナーバルコニー

7畳の洋室には、インナーバルコニーを採用。雨も花粉も有害物質も何のその!ウォークインクローゼットが隣接しているため、「取り込む」「しまう」が最短距離で可能になります。
他にも、ガーデンテーブルなどを置いてゆっくりと読書などするテラススペースとしての使い方もできますよ。

3号地 洋室

モデルハウスでは約11帖の1部屋としている洋室ですが、お子様の成長に合わせて壁をつけて仕切ったりすることも可能です。

気になる標準仕様は?

2、4、5、6号地で採用できる、「TSUIKA 0」仕様をベースとした「みなそら街区」プラン。
土地+建物+外構+消費税がすべて込みで3,380万円という価格設定なのですが、気になるのはその他の標準仕様ではないでしょうか。

 

◇しっくいの壁が標準!

しっくい塗り

野村工務店の新築住宅では「しっくいの壁」を標準仕様としてまいりました。できるだけ安く、お客様に新築住宅を提供しようと始まった規格住宅でも、変わらず「しっくいの壁」は標準として採用いたしました。
他社さんの規格住宅で、「しっくい壁」を採用するとなると、追加料金が発生してすぐに予算オーバーに…なんてことを経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

選べるしっくいカラー

さらに、通常の自由設計ではオプションとなる、カラーしっくいのアクセント壁。こちらも14色からお客様お好みのものを追加料金なしでお選びいただけます!(施工可能な場所は決まっておりますのでご了承ください。)

 

◇耐震等級3相当+制震ダンパー「MIRAIE」が標準

耐震等級3相当+MIRAIE

地震などに対する強さを表す耐震等級という1~3段階のものがあります。数字が大きくなるほど、耐震性能が高いということ。
その耐震等級3相当の性能を持った住宅に、震度7の加振に対しても揺れ幅を最大70%低減させることのできる、住友ゴム製の制震ダンパー「MIRAIE 2×4」を採用し、より地震に強い家づくりにこだわりました。

 

◇オール電化が標準

IHクッキングヒーター

オール電化を採用することで、お得な時間帯に賢く電気を利用することで光熱費を削減することが可能になります!
※野村マガジン「交野市のオール電化新築戸建のお宅の電気代はいくら?実例紹介!」https://www.nomura-k.co.jp/magazine/864/ 参照。

また、エコキュートには学習機能などもついており、ご家庭ごとに必要な湯量を判断し、必要な分だけを湧き上げることができます。お湯の使用量なども目でみてわかりやすく、目標値設定をすることで、日ごろの節水にもつながります。

他にも、こんなものが価格に含まれています!

野村工務店で通常販売している新築分譲住宅では、一般的に「土地」と「建物」、さらに「外構費」と「消費税」込みの価格でお客様に提示しています。「みなそら街区」プランの3,380万円にはどこまで含まれているの?と不安に思われるかもしれません。

「みなそら街区」プランは、こんなにも価格にコミコミなんです。

こんなにコミコミ!

※1.建物より7m以内が対象となります。
※2.申請費別途・敷地形状により対応できない場合があります。
※3.キッチン・UB・トイレ・給湯器が対象となります。

安さを謳う一般的な規格住宅などにありがちなのは、新しく家を建てようとするときに必要となる建築確認申請費用を別途請求されたり、門柱や駐車場スペースなどの外構費用が別途かかったりして、結果的に予算を大幅にオーバーしてしまうということです。
しかし、「みなそら街区」プランの場合、先に述べた「しっくい壁」「MIRAIE」「オール電化」に加え、上記12個の費用まで入っているんです。(コミコミ内容については、TSUIKA 0と異なる点がございますので、TSUIKA 0については該当のページをご覧ください。https://www.nomura-k.co.jp/custom/standard/tsuika0/

さらに、インテリアの相談をプロにお願いしたいというお客様には、他の新築分譲をご契約のお客様と同じように、インテリアコーディネーターに相談も可能!もちろん、この費用も別途いただくことはありません。

こんなに充実した内容。そして、JR「四条畷」駅から徒歩8分という便利な立地に、3,380万円という価格での販売となっております。
ぜひ、実物のモデルハウスをご見学にいらしてください。

また、現在土地をお持ちで、建て替えをご検討の皆様、規格住宅「TSUIKA 0」の参考プランとしても見学して頂くことが可能です。

また、資料請求していただいた方や、ご来場いただいた皆様にはパンフレットを配布しております。
ご不明な点なども含め、スタッフまでお気軽にお声がけくださいね!

●オーベルジュコート四條畷 –彩– の詳細はこちら
https://www.nomura-k.co.jp/newhouse/built/kawakita_higashimachi/

●みなそら街区についての詳細はこちら
https://www.nomura-k.co.jp/special/newhouse/built/shijonawate_sai/minasora/

●3号地のベースプランとなった「TSUIKA 0(ツイカゼロ)」の詳細はこちら
https://www.nomura-k.co.jp/custom/standard/tsuika0/

  • LINE
  • はてなブックマーク

一覧に戻る