野村マガジン ~ 家づくり、暮らしのお役立ち情報ブログ ~ Magazine

大阪エリアで自然と触れあいながら子育てができる場所「星田」の魅力│大阪の新築分譲・注文住宅・リフォーム 2020年 01月 17日

  • LINE
  • はてなブックマーク

【大阪エリアで自然と触れあいながら子育てができる場所「星田」の魅力】

 

「大阪のビジネス街、京橋や梅田エリアに通勤30分圏内」と「子育て環境にぴったりな自然豊かな住環境」を両立する街をお探しではありませんか?それなら学研都市線「星田駅」を中心とした交野市に注目です!交野市の豊かな自然に囲まれた暮らし方を、四季を通じてご紹介します!

府民の森 ほしだ園地 星のブランコ

【春の星田】知る人ぞ知る桜の名所「妙見の観桜」

星田 傍示川遊歩道の桜並木

四季の移り変わりを感じながら、豊かな心をはぐくんでほしい…。そんなご家族にぜひ見ていただきたい春の星田は「妙見の観桜」です。

この星田の桜スポット「妙見の観桜」は、小松神社(星田妙見宮)と星田神社の間をつなぐ妙見川の両岸、約750mにわたります。

関西にも多数のお花見スポットがありますが、大勢の酔客に囲まれた「大宴会会場」では、お子さまとの毎日のお散歩コースのなかに組み込むのは少しためらってしまいますよね。

ソメイヨシノをはじめ、ヤマザクラ・ヒカンザクラなど400本が桜のトンネルを作る素晴らしい景色ですが、公共交通機関からは少し離れているため、遠くから観光客が来るというよりも、交野の街にお住まいの方に愛されているお花見スポットです。

3月下旬から4月中旬まで、ゆったりとした川辺は普段の静かなお散歩コースから、少しだけにぎやかにお弁当を広げる家族連れの姿を見ることができるようになります。

妙見河原の桜まつり

桜並木の近隣にある、ほしだ幼稚園に通う園児たちや、妙見坂小学校の子どもたちも、毎朝の通園を楽しみにしています。

ちなみに、交野市は歴史のある街で、「妙見の観桜」は平安時代から登場する桜の名所です。

新古今和歌集・藤原俊成
「またや見ん 交野の御野の桜狩 花の雪散る 春のあけぼの」
(また見ることができるだろうか、交野の野で行なう桜狩りの、花が雪のように舞い散る春の景色を…)

この時代から、ずっと「交野」という歴史ある地名が受け継がれていることに驚きます!

【夏の星田】地域に愛される夏祭り「星田七夕祭り」

機物神社の七夕祭り

交野の街に夏の訪れを告げるのが「七夕祭り」です。
交野市倉治「機物(はたもの)神社」・交野市星田「星田妙見宮(ほしだみょうけんぐう)」の七夕祭りは古くから続く大切なお祭りです。

7月6日・7日は街のあちらこちらが七夕飾りで彩られ、普段は静かな神社の境内に夜店がにぎやかに立ち並びます。

天の川七夕まつり

機物神社のご祭神は織女星、すなわち棚機姫(たなばたひめ)。星田妙見宮のご神体は、記録に残るものとして日本で2番目に古い「隕石」と言い伝えられる巨大な石・織女石(たなばたせき)、そして「妙見」とは北極星を表す言葉…。
このように、交野には「星」にまつわるさまざまな伝承が残されています。

この七夕祭りのほかにも、星まつりや昔ながらの地域の納涼祭などもあり、星田の子どもたちは地元で大切に続けられるお祭りを楽しみにしています。

この星田妙見宮がある妙見山は標高わずか144mなのですが、素晴らしい景色と星空を同時に眺めることができます。200段の参道は府民の森「ほしだ園地」や「くろんど園地」などの大きな自然公園までハイキングを楽しむ人たちや、虫取りで遊ぶ地元の子どもたちにも人気のスポットです。

最近では、「パワースポット」として密かに口コミされている神社なので、星田エリアの下見に来られた際はぜひスニーカーでお立ち寄りください!

ほんの少し足を延ばすだけで、安心して歩くことができる自然に囲まれている星田エリア。
さらに、国道2号線や京橋から神戸三宮方面まで、乗り換えなしでつながるJR学研都市線にすぐにアクセスできる便利さもあるのが、他のエリアにはなかなか無い魅力です。

【秋の星田】秋の紅葉を一望「星のブランコ」

吊橋 星のブランコ

「星のブランコ」とは、実際はブランコではなく全国的にも最大級<全長280m・最大地上高50m>の、人が歩いて渡る専用「吊り橋」の愛称です。

ブランコのように大きく揺れることはなく、しっかりとした構造なので安心して渡れますよ。

この「星のブランコ」は一年を通じて「ほしだ園地」の自然と景色を楽しむことができますが、一番人気のシーズンが、森が紅葉に染まり、心地よく歩ける秋なのです。

紅葉の時期のほしだ園地

星のブランコまでは、JR学研都市線「星田」駅からだと徒歩70分・京阪電車交野線「私市」駅からだと、徒歩約40分のルートが設定されている本格的なハイキングコース。小学生以上の体力のあるお子さん連れなら、気持ちの良い絶景とスリルを楽しみつつ体力アップも期待できます。

「毎日ハイキングコースを歩くのは難しいけれど、子どもにはのびのび自然の中で毎日を過ごしてほしい…」という保護者の方におすすめなのが、自然に囲まれた幼稚園です。

いしころえんパンフレットより
【かたのの森のようちえん いしころえん パンフレット】

例えば、交野市内でも大きな幼稚園であるほしだ幼稚園には、なんと園内に「山」があり、昆虫採取・どんぐり拾いなどをして楽しむのが毎日の光景なのだとか。また、「かたのの森のようちえん いしころえん」では「きさいち植物園(大阪市立大学理学部付属植物園)」で入園式・卒園式を行うほど、森での活動が中心です。

小さな子供たちにとって、しっかり体を動かせる貴重な体験が毎日できますね。

【冬の星田】暖炉や囲炉裏が楽しめる家!?

薪ストーブのある家 [弊社施工例]

交野市で最も標高が高いのは341mの交野山(こうのざん)。緑の多い交野市ですが、実は人の住むエリアは平野部で、冬の寒さや降雪は厳しくありません。

そんな「冬の星田」の風景でご紹介したいのが、交野市の新築一戸建てで今密かなブームとなっている「暖炉」や「囲炉裏」です。

キッチンやお風呂、収納など「どんなに狭小住宅でも必ず必要な設備」ではなく、生活に潤いを与える「ぜいたくな設備」。土地面積もある程度必要になってきますし、全体の建築予算の中で支払いに余裕がなくなるようではいけません。

こんな暖炉や囲炉裏をマイホームに導入できるのも、

・駅徒歩圏内の場所に、一戸建て建築が可能な分譲地がある
・分譲地の一区画が比較的広め

という交野市ならではの「マイホーム購入の特徴」があるからだと言えます。

囲炉裏のある家 [弊社施工例]

家族みんなでマキ割りに挑戦したり、囲炉裏で焼き芋を焼いて楽しんだり…
家族や友人とともに過ごす「暖かい冬時間」を冬の交野の名場面としてご紹介したいと思います!

「実際、暖炉や囲炉裏がある暮らしがどんなものか体験してみたい…」という方は、野村工務店の施行実例として、世界最大級の宿泊予約サイト「airbnbを通じて民泊施設としても公開しています。また、囲炉裏付き新築分譲物件も販売され、お客様から「こんなに個性的な分譲物件があるなんて!」と大変好評いただいています。

ぜひ、「囲炉裏のある家」ご紹介ページから、野村工務店の自信作を、まずは写真でご覧ください!

●いろり南星台3丁目
https://www.nomura-k.co.jp/newhouse/built/irori_nanseidai3/

●交野で暮らす先輩ママのリアルな声はコチラからご覧になれます!
交野エリア物件

  • LINE
  • はてなブックマーク

一覧に戻る