野村マガジン ~ 家づくり、暮らしのお役立ち情報ブログ ~ Magazine

野村工務店の外構づくりのこだわり│大阪の新築分譲・注文住宅・リフォーム 2021年 03月 09日

  • LINE
  • はてなブックマーク

野村工務店の外構づくりのこだわり│大阪の新築分譲・注文住宅・リフォーム

こんにちは。野村工務店です。
野に咲く花が目につき春の気配を感じるようになりましたね。
かわいい草花を見ると心が癒されますね。健やかな暮らしを営む上で、自然はなくてはならないもの。野村工務店が考える街づくり・家づくりは「自然との調和」を大切にしています。

例えば、高低差のある分譲地では、土が流出しやすい難点がありますが、それを防ぐためのコンクリート擁壁は使わず、大きな天然石を置き、木を植え、草花をあしらうことで、見た目にも優しく、年月を経るほどに優れた景観となるような工夫を施しています。土地の仕入れから建築まで、すべてを請け負う私たちだからこそ実現できる強みです。

 

今回は、野村工務店の外構で使われてるはどうやって入れているんだろう・・・ということでこだわりの外構づくりに密着し撮影してきました
まずは大型クレーンを使って石の運び込みから。ワイヤーを設置し、を安定させて、吊り上げ。
ワイヤーをうまくに絡ませるのもコツがいりそうです。
軽々と持ち上がるのはさすがクレーン車。
が空中でぶれることもなくスイスイと運び込まれるのは見ていてとても気持ちがいいものです。

操縦に見とれている間に、あっという間に大小さまざまな大きさのが運び込まれました。

おおよそのの位置を確認されている様子。

自然素材を使った外構をとのことで、敷地面積が広いこのモデルハウスは、外構アプローチが素敵。

盛土を作り傾斜を利用した自然豊かな庭になっています。

石材を運び込むのに2往復。レッカーとトラックの移動だけでもかなりの作業です。

高低差を利用し石材が入ることで庭の雰囲気がとてもよくなり盛土だけでなく石材が入ることでアプローチの景観も素敵になりました!!表の景観も素敵になりました

こんな高低差を作ってまでこだわる外構づくりって見たことない!!
貴重さとってただ置くだけでなくこんな苦労があったんだと、改めてこだわりの外構の良さを実感しました。

そんなこだわりの外構の野村工務店の石を使った実例をご紹介します。

何気ない毎日が特別なものになる・・・

本物の素材は暮らしの中で五感に響き未来を担子どもたちの感性を育てます。

自然素材にこだわった野村工務店の外構をぜひ実際にご覧になってください

 

  • LINE
  • はてなブックマーク

一覧に戻る