野村マガジン ~ 家づくり、暮らしのお役立ち情報ブログ ~ Magazine

主婦に嬉しい!家事室やパントリーのある家づくり 2018年 12月 26日

  • LINE
  • はてなブックマーク

キッチンは奥様のお城です。家族のためのリビングやダイニング、子ども部屋も大切ですが、毎日の家事の負担を軽減して楽しくするためにも、ぜひキッチン周りにもこだわっていただきたいと思います。
そこで今回は、家事室やパントリーを特集します!家事動線と合わせて工夫を凝らした事例を、ぜひ参考にしてくださいね!

奥様だけのスペースになる家事コーナー

家づくりでは、子ども部屋や書斎は作っても、奥様だけのスペースを意識することは少ないかもしれません。でも、家事の中には家計簿をつけたり学校などの書類を整理したりといった、事務的な仕事も結構ありますよね。ダイニングテーブルで作業をすると、食事前に中断して片づけをする手間がかかります。そんな時、奥様専用のスペースがあると重宝しますよ!それでは、料理や洗濯の合間でも使いやすい、家事コーナーの事例をご紹介します!

 

キッチン奥に設けた家事コーナー。造り付けのカウンターデスクで、パソコンやスマホコーナーとしても使えます。たとえば、料理の合間にレシピを確認するときも、ムダ無く動けて便利ですね。

キッチンの奥にあるため、集中して作業がしやすいスペースです。趣味のハンドメイドの作業場としても使えそう。時々は家族と少し距離を置いて自分だけの時間を過ごせば、気持ちにもゆとりが生まれますよ!

 

こちらは、キッチンと洗面室を一直線上の動線に設けた間取りです。キッチンと浴室をつなぐ通路を家事コーナーに。リビングから見えない位置にあるため、買い物袋やネット通販の箱などの一時置き場としても使えそう。アイロンがけにも適したスペースです。これなら、料理や洗濯など、複数の家事を同時進行しやすいですね!

 

壁と天井に囲まれた「インナーバルコニー」も家事室として使えます。室内でありながら屋外のように使えるインナーバルコニーは、天候を気にせず洗濯物を干すことができ、そのままアイロンがけも可能。また、家事室としてだけではなくガーデンテーブルを置けば、リラックス空間にもなりますよ!

パントリーは買い物や食事づくりの強い味方!

物が多くなりがちなキッチンは、収納を充実させたいですよね。キッチンが雑多に見えてしまう原因のひとつは、食材や消耗品などのストックです。食材をたっぷり収納できる「パントリー」を設けることで、スッキリ片付いたキッチンが実現します。ストック品が見やすくなることで、重複購入を防ぐこともできますよ!ぜひ新居ではパントリーを検討してくださいね!

 

キッチンの奥にパントリーを設けたケース。リビングやダイニングから目に入りにくい位置にあるため、扉のないオープンスペースで、出し入れしやすくなっています。横に移動するだけだから、動線もスムーズで使いやすそうですね!

 

こちらは、パントリーに勝手口を設けたケースです。まとめ買いの品物や、重たいお米や飲料などを持ってリビングを通ることなく、屋外から直接収納できて便利ですね!来客時にも重宝します。倉庫のように暗くなりがちなパントリーですが、採光性のあるドアなら、明るく収納品も見やすい気持ちいい空間がつくれますね!

 

写真は、対面キッチンの背面にパントリーを設けた事例です。振り向けばすぐに食材が取り出せるのは便利ですね!リビングやダイニングから見える位置にあるため、扉で隠せるようになっています。オープンなキッチンでも、スッキリ片付いて見えますね!

・パントリー内部が片付くアイデア

出し入れの頻度が高いパントリーは、ウォークインタイプが便利です。壁沿いに高さを変えられる可動式の棚を設けることで、高さのある食材もキレイに並べて収納できます。重いものを下に、軽いものを棚の上部に収納しましょう。パントリー内にコンセントを設けておくと、コードレスのキッチン家電の充電などに便利ですよ!

 

袋に入った食材は、かさばりやすく収納しにくいため、ケースに入れればスッキリ見えます。中が見える半透明のケースなら探し出しやすく、取っ手があれば棚の高い位置においてもパッと取り出しやすいのでおすすめです。

 

缶詰や瓶なども、プラスチックケースの中に並べれば選びやすく、スッキリ収納できます。倒れにくくなるので、取り出しもスムーズにできますよ!

いかがでしたか?家事室やパントリーのある家を建てた方からは、「本当に便利です!」という声がたくさん届いています。スペースがないから…と、最初からあきらめず、ぜひ設計士さんと相談してくださいね!

他にも家事や収納に関する記事がありますので、家づくりの参考にしてみてください!

【関連記事】

毎日の家事と暮らしをラクにする間取りのつくり方
https://nomura-k.co.jp/magazine/1248/

必要なモノを適所に収納。片付け上手になれる家づくり
https://nomura-kco.jp/magazine/1041/

「奇跡の3日片付け」で大人気!石阪京子先生のキッチン収納アドバイス
https://nomura-k.co.jp/magazine/1/

  • LINE
  • はてなブックマーク

一覧に戻る