作り手の想い Architects and Interior Coordinators

設計士

北垣内 誠幸Kitagaito Tomoyuki

Q
野村工務店だからこそできる家づくりとは?

いくつものチェック体制を通して本当に住み易くデザイン性の高い妥協のない家を提供しています。また、新たな商品開発により常に進化した家造りをしています。

Q
家造りへの想いは何ですか?

住む人が幸せで、帰りたいなと思える家。いつまでも住み続け、受け継がれていくような家を作りたいと思います。

Q
家造りでのこだわりや得意分野は何ですか?

住む人にとって特別と感じる空間を設けつつ、限られた敷地でいかにムダなく住み易い家を作るかにこだわっています。

Q
設計する上で心がけていることは?

明るさと動きやすさには特に気をつけています。 ご家族の表情まで明るくなるような家造りを心がけています。

Q
今までの(自由設計の)お客さんでかなり苦労したこととその時の対処と結果どうなったか?

自由設計をやり始めたころは、お客さんが満足のいく家をなかなか形に出来ることが出来ませんでした。何度もプランをやり直し、ようやく形になったものはお客さんの要望を描いただけのプランでした。お客さんの要望を聞くだけでなく要望を超えてこそお客さんを満足させることが出来ると思います。ただ目の前の要望を聞くだけでなく、お客さんが住んでからのこと、先のことを考えた提案をすることで信頼していただけるプランを作ることが出来ました。

私の思い / 家づくりのテーマ

「経験や想像力で素敵な家造りに導いていく」 弊社は本当にストイックに家造りをしていると思います。デザイン性が高く、使いやすい、かつ長く使えるというのが基本なんです。しかも限られた予算の中でいかに実現していくのかというテーマもあります。 要望は厳しいものもありますが、妥協していてはお客様に満足してもらえません。間取りをただただ配置しましたというのでは、ダメなんです。建築後のレイアウト、家具の配置、その空気感は、たくさんの家を建てた経験や想像でわかるものがあります。 その経験や想像力をお客様にお伝えできれば、きっと一緒に素敵な家が造れると思います。

採光条件の厳しい区画で吹き抜けなど上部の空間を利用し建物に囲まれた物件とは感じさせない明るさを確保しております。

ナチュラルなテイストで仕上がったキッチンは洗面所に直接出入りできる動線を持っており家事のしやすい機能的なキッチンになっております。