作り手の想い Architects and Interior Coordinators

インテリアコーディネーター

武藤 紀久子Mutou Kikuko

Q
野村工務店だからこそできる家づくりとは?

モデルハウスの内装デザインを担当しています。野村工務店は常に、『新しいもの』、『他社とは違うもの』ということを考えています。ですので、デザインとして整っているというだけではなく、今までとは違う『プラスアルファのもの』を常に意識して家づくりをしています。

Q
インテリアコーディネートへの想いは何ですか?

内装のデザイン・素材・照明・カーテン・家具など、個々に見るのではなく、全体で調和し、美しい空間、かつ心地よい空間づくりを心掛けています。

Q
インテリアコーディネートでのこだわりや得意分野は何ですか?

当社の標準の壁は、イタリアの漆喰になります。クロスとは違って、やはり空間として美しいですし、とても心地よいです。ですので、その壁に合うような本物の素材、例えば無垢フローリング・木のアクセント壁など、素材選びが大切だと思っています。あとモデルハウスが出来上がった後の家具や小物のディスプレイ作業も好きです。最後のご褒美のようなお仕事で、いろいろ妄想しながらプランしています。

Q
コーディネートする上で心がけていることは?

モデルハウスなので、社内でプランをして建てたお家を買っていただくことなります。お客様の要望を聞いてからプランするという訳ではないので、様々な人にとって使いやすいかなど、『一般的な』というところも意識しています。あとモデルハウスを見て、『自分の家もこれがしたい』と思ってもらえるようなデザインも心掛けています。

Q
今までの(自由設計の)お客さんでかなり苦労したこととその時の対処と結果どうなったか?

以前はお客様とお打合せをして家づくりをするコーディネーターとして働いていました。内装の仕様決める際に、お客様の内装イメージを私がきちんと把握していないと、よい提案ができないばかりかお客様の信用を得ることができません。ですので、雑誌や写真などを使ってイメージをすり合わせて一致させておくことを最初にきっちりしておくと、本当にその後のお打合せがスムーズに進むと実感しています。

私の思い / 家づくりのテーマ

お家は、お客様にとって一生に一度の高い買い物です。お客様の夢が膨らむような、『こんな家に住みたかったと思える家』をつくっていき、そしてそれ以上に、『こんな家があるとは思わなかった』という家づくりをしていきたいと思います。その為にも、これからも新しいことをいろいろ見て吸収し、家づくりに役立てていきたいと思っています。少しでも成長していけるように日々精進していきます。