作り手の想い Architects and Interior Coordinators

設計士

八木 崇Yagi Takashi

Q
野村工務店だからこそできる家づくりとは?

街が完成したとき街並みとして価値を持つ、住んでみたくなる街づくり。

Q
家造りへの想いは何ですか?

機能とデザインがどちらも良く、かつリーズナブルな住まいを創っていきたいです。

Q
家造りでのこだわりや得意分野は何ですか?

採光・通風計画にこだわっています。どんな敷地でも明るく通気性の良い家にこだわっています。

Q
設計する上で心がけていることは?

敷地に見合ったコンセプトか、合理的な設計ができているか、を常に考えています。

Q
今までの(自由設計の)お客さんでかなり苦労したこととその時の対処と結果どうなったか?

法規則、お客様の要求事項をクリアし、野村工務店の想いも取り入れるのは難しいことです。逆にお客様が要求していないことを追加することもあります。ある分譲地で街並景観を考慮し外観、外装を当社の意向で変更することもありました。熱意を持ってお客様に交渉することで我々の利益追求だけでなく、街並形成の社会的な責任、そしてお客様の想いを越えるというコンセプトが理解いただけたと思います。

私の思い / 家づくりのテーマ

「機能性とデザイン性の両立をリーズナブルに実現する」 住宅において採光・通風は最大のテーマであると思います。デザイン性…おしゃれに暮らせる住まいは我々の絶対的なコミットメントです。それに機能性を充実させることは相反することもあり、難しい面があります。そういうギャップを埋め、全ての人に心地よい生活を送ってもらうことが私たち設計士の仕事です。そのベースがあり、かつ私の考える個性がデザイン性となって表現できるように日々プランニングしています。機能性とデザイン性の両立こそ私の理想とする住まいのかたちです。

西向きのモデルハウスに、南からの光を取り込むというテーマで設計しました。建物を北側に配置し、リビングを出来るだけ北側にもっていき、南側の大きなバルコニーから吹き抜けを通して光を取り込むという工夫をしています。さらに北側の内壁は、光の反射を考慮した白色を採用するなど細部に至るまで計算し設計しております。 通風に関して、高低差を利用し温度差により風の流れを誘発的に作り出したり風の抜けを考慮した開口部の計画をすることで、有効な通風計画を実現しています。

大きな日本家屋に見られるような大黒柱を中心に田の字の各部屋をひとつの大空間にする田舎間(いなかま)を参考にしています。玄関、和室、LDKをひとつの大空間のように設計し、どこか懐かしく開放的な家を実現しました。

2階のバスコートやファミリーバルコニーは、外部とつながりを考慮し、プライベート性のある外部として設計しました。極端に言えば、裸でバルコニーに出ることも可能です。